紫外線アレルギーで頭痛の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの頭痛」についてお話します。

 

8月にはピークを迎える紫外線ですが、
この紫外線による「頭痛」などといった症状が、
人々を悩ませているということもあるのです。

 

そんな症状を発症させないためにも、早めの対策が必要です。
まずは紫外線による「頭痛」の知識を知っておきましょう。

 

紫外線による頭痛の原因〜紫外線アレルギー〜

 

紫外線を直接浴びた時に、カラダの表面に湿疹や痒みなどの
症状が出てしまった場合は、紫外線アレルギーを疑ってください。

 

春先から夏場にかけて湿疹や痒みだけでなく、頭痛や吐き気、
下痢などといった症状が出てしまう場合は、
紫外線アレルギーによるものの可能性が高まってしまいます。

 

このような症状が出てしまった場合は、皮膚科を受診し、
アレルギー検査などを行ってもらい、適切な治療を
行ってもらうのが大切です。

 

皮膚科を受診するだけでなく、自分で行える
紫外線対策も怠らないようにしましょう。
例えば日傘や帽子、日焼け止めなどを有効活用しましょう。

スポンサーリンク

そして、自宅にいるときでも紫外線を浴びていることもありますので、
紫外線が直接部屋の中に入らないためにも、
遮光カーテンなどを利用しましょう。

 

紫外線による頭痛の原因〜偏頭痛〜

 

元から片頭痛持ちの方もいると思いますが、そういった片頭痛も
紫外線を直接浴びることによって頭痛を
引き起こしてしまうこともあります。

 

どのような頭痛の症状かと言いますと、脳の血管が脈打つように
ズキズキとリズムを刻みながら痛みを伴います。
その他にも、めまいなどを引き起こし、視野が狭くなったり、
吐き気や耳鳴りを起こしてしまうこともあるのです。

 

紫外線による頭痛の原因〜日射病〜

 

ここ最近暑さによる熱中症で倒れる方が多く、
よくニュースにもなっているくらいですが、
頭皮や衣類で隠れていない皮膚に直接紫外線が当たることによって、
日射病や熱中症にかかってしまうのです。

 

直接紫外線を浴びないことが最優先ですが、頭痛などといった症状を
引き起こさないためにも、できるだけこまめに水分補給を心がけましょう。

スポンサーリンク