ジンズのuvカットメガネは良いの?

スポンサーリンク

ここでは、「ジンズのuvカットメガネは良いのか」についてお話します。

 

紫外線は皮膚だけではなく、眼にも影響を与えています。
急性の紫外線角膜炎や白内障などの眼病の原因のひとつとも言われています。
紫外線の眼への影響は、帽子をかぶることで約20%ほどカットされます。

 

それに加えて、一般的に高機能とされているuvカットサングラスや
メガネを着用することで、帽子をかぶった時の4倍以上カットできます。

 

紫外線の多い季節

 

紫外線が多い季節といえば、夏というイメージがありますが、
実はそれ以前から充分な対策が必要です。

 

春から初秋にかけてが最も多く、4月〜9月には一年間の
およそ70%〜80%の紫外線が降りそそぎます。
6月にはすでに真夏と同じ程度の紫外線量となるので、早めの対策が求められます。

 

ですが、油断しがちな2月頃でも、紫外線量は真夏の80%はありますので、
紫外線対策はどうしても一年中必要です。

 

uvカットメガネの必要性

 

紫外線は浴びれば浴びるほど、
目の中に蓄積されてしまうので日常的に眼を守ることが大切になってきます。
そしてなんと、眼に入った紫外線がもとで日焼けしてしまう可能性もあるのです。

 

眼からとても強い紫外線を感知すると、自身の脳が、
周囲の日差しが強いと判断してしまうのです。

 

そして、その紫外線から身体を守るためにメラニンを生成し、
肌が日焼けした状態になるというメカニズムだと考えられています。

スポンサーリンク

ですから、眼から入る紫外線にも十分な注意を払い、対策をする必要があるのです。
uvカットメガネを選ぶ際は、レンズの色で判断するのではなく、
必ずuvカット加工がされているメガネを選びましょう。

 

ジンズのuvカットメガネは良いの?

 

大手メガネショップの「ジンズ」では、
99%紫外線をカットするメガネを取り扱っています。

 

最も有効な紫外線対策とは?

 

まずは日焼け止めをしっかりぬりましょう。
それからuvカット加工された帽子や日傘、アームカバーなどを着用しましょう。

 

ただ、いくら肌の紫外線対策を徹底しても、
眼の周りのデリケートなやわらかい皮膚や眼球そのものをしっかりと
紫外線から守らなければ万全とは言えませんね。

 

肌だけでなく、uvカットメガネで眼の紫外線対策もしっかり行うことが大切です。

 

子どもにもuvカットメガネを

 

まだ成長過程にある、こどもの眼球は水晶体が透明で、
大人よりも外部の影響を受けやすく、しっかりとした保護が必要なのです。

 

子どもの頃に大量の紫外線を浴びることで、
大人になってから眼の疾患を発症する可能性が高まるとも言われています。

 

紫外線リスクの意識が高くもたれている欧米では、
子どもの時からuvカットサングラスの着用は常識です。
予防的に保護し、眼を大切にする習慣をこどものうちから身につけさせたいですね。

スポンサーリンク