紫外線アレルギーでのじんましんとは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーでのじんましん」についてお話します。

 

紫外線対策に適しているオススメの商品をご紹介していきます。
それでは、まずはじめに紫外線アレルギーについてを説明していきましょう。

 

紫外線アレルギーによる「じんましん」とは?

 

「日光じんましん」というのは、光線過敏症に分類されています。
紫外線アレルギーを発症してしまうと、
日光じんましんという症状が出る場合があります。

 

日光じんましんとは、紫外線や日光が直接あたってしまった箇所を
限定してじんましんが生じてしまう一種の病気のことです。
主な症状としては、日光を浴びてから約15分以内に
日光を浴びた箇所に紅い斑点が出てきます。

 

そして、痒みやチクチクするやけどのような熱感を伴うことがあるのです。
多くの方が、紅い斑点のところに膨らみが出てきて
痒みもどんどん増していき、1時間から2時間以内には
色素沈着せずに消えていきます。

 

また、ごくまれに全身症状として、じんましん以外に気分が優れなかったり、
アナフィラキシーを引き起こしてしまうこともありますので、
十分な注意が必要なのです。

 

日光じんましんに似た症状があり、それと間違うことがありますので、
しっかり頭の中に入れておきましょう。

スポンサーリンク

コリン性じんましんとは?

 

これは、直接日光が当たった箇所に限らず、
体が暑くなってしまったときや汗をかいたときに、

 

「アセチルコリン」という成分が過剰に分泌され、
何らかの異常により炎症を起こして
じんましんが起きてしまうこともあるのです。

 

ですので、日光じんましんは日光が当たった箇所にだけ
じんましんが出てきますが、コリン性じんましんは、
日光が当たった箇所に限らず汗をかいたところなど
全身にじんましんが出る特徴があるのです。

 

紫外線アレルギーいよる「じんましん」治療にオススメな商品

 

紫外線アレルギー対策や治療に良いとされている商品は
「日焼け止めクリーム」がもっとも効果的です。
他にも、抗ヒスタミン剤などの薬剤による治療もありますが、
一般的な対策方としては、日焼け止めクリームが扱いやすいです。

 

紫外線アレルギーによるじんましんを発症させないためにも、
日頃からの対策が大切ということですね。

スポンサーリンク