ユニクロのuvカットパーカーは効果があるの?

スポンサーリンク

ここでは、「ユニクロのuvカットパーカーは効果があるのか」についてお話します。

 

紫外線カット製品がいろいろ製品化され
衣料販売メーカーなども、かなり力を入れている昨今です。

 

ユニクロでも、UVカット効果のある「フルジップパーカー」が売り出されています

 

首元をカバーしてくれる高い襟元や、
手の甲をカバーするサムホールなどの機能が好評のようです。

 

しかし、デザイン的には高評価を得ているのですが、
洗濯するとその効果が落ちてしまうという口コミががある様子ですが
商品の繊維がポリエステル100%というものです。

 

このポリエステルという繊維はすぐれた紫外線カット機能がありますので
コーティングされていたとして、
洗濯をしてもそれほど効果が下がるとは思えません。

 

UVカット機能は「後付け」されるものという認識がある

 

UVカットは後から付け足されるものだと思う人が多いのです。
そのため、「UVカット加工」などと表示されているだけで、
そちらを選ぶようになるのでしょう。

 

確かに、後付けされる場合もあります。
代表的なものはコーティングするというものですね。

 

日焼け止めを製品に振りかけるという方がわかりやすいでしょう。
コーティングスプレーも販売されています。

 

紫外線を遮るポリエステル・羊毛は
加工をしなくても紫外線の透過を90%遮断します。
シルク・ナイロン・レーヨン・麻は紫外線の透過率が高いです。

 

また、生地の厚さも、うすいよりは
厚手の素材のほうが紫外線の透過率は低いのです。

スポンサーリンク

色も、濃いほうが透過率をさげますので、
購入するときはそのような点に注意して購入するとよいですね。

 

ポリエステル・羊毛はなぜ透過率が低いのでしょう?

 

<ポリエステル>

 

この繊維は用途によって作れる素材であるため、超極細繊維糸、
異形断面糸、中空糸、異収縮混繊糸等、
それぞれ異なる目的で多岐にわたる糸の開発がされています。

 

UVカット加工をする上で繊維自体の断面を紫外線を乱反射させる断面にするなど、
加工しやすい素材であるということです。

 

<羊毛>

 

羊毛はケラチンと言う蛋白質で出来ています。
うろこ状の表皮部分と皮質部分から構成され、スケールが繊維を保護しています。

 

複雑な構造が細かな繊維の密度を上げているために、
紫外線を透過させにくいということですが、
真夏にセーターを着る人はそういないでしょうね。

 

夏の定番ともいえるTシャツも綿製品であれば
しっかりとしたUVカットが施されたものを選んだほうがよいでしょう。
ユニクロだけでなく、パーカーなどUVカット加工されたものは多く販売しています。

 

その中で自分の目的に合うものを探してみるのが一番でしょう。
ユニクロのようにポリエステル100%であれば、
UVカット効果は90%あるということです。

 

値段ばかりを見てしまいますが、服だけでなく、
帽子や手袋、アームカバーなども、素材に注意して
買い物をするのもよいでしょう。

 

また、色も濃いものを選ぶようにしていくと効果的ですね。
暑い夏を少しでも快適に過ごせるようにできれば、うれしいですね。

スポンサーリンク