紫外線アレルギーが幼児の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーが幼児の時」についてお話します。

 

自分の子供に将来紫外線アレルギーを発症させたくないのであれば、
今のうちに紫外線対策を行うことを強くオススメします。

 

紫外線対策を行う上で重要なのは、発症する前に対策をとって
おこなければならないことですから、
小さいうちに紫外線対策を行っておくことが重要になってくるのです。

 

小さいうちから紫外線をたくさん浴びてしまうことで、
それが歳を重ねるごとにどんどん蓄積され、
数年後に紫外線アレルギーを発症してしまうことがあるのです。

 

それは一概に絶対発症するとは限りませんし、
いつ発症してしまうのかも今現在では明らかになっていませんが、
何事も早めの予防が大切ですので、我が子を大切に思うのであれば、
早めの対策を行いましょう。

 

無闇矢鱈に日光浴してはいけない

 

子供の発達には日光浴は良いとされていますが、
無闇矢鱈に日光浴させるのはやめましょう。
そして、できるだけ日陰で遊ばせるようにすることで、
大半の紫外線をカットすることができるのです。

 

公園などで遊ばせる際も、滑り台や砂場などが日陰があるときに
遊ばせるようにするのも一つの手ですよ。

スポンサーリンク

絶対に遊んではいけないということになってしまうと、
逆に子供にとってストレスになってしまうのでそれは避けて
あげたいものですものね。

 

幼稚園や小学校での外での活動をする際も、帽子をかぶらせてあげたりと、
しっかり紫外線対策を忘れないようにしたほうが良いですね。
直接紫外線が肌に当たらせないためにも、
日焼けどめクリームなどで予防できるところはやってあげましょう。

 

まだ生まれたばかりの赤ちゃんの紫外線対策とは?

 

生まれてからすぐに外にでる機会は少ないと思いますが、
お散歩に連れて行く機会が何度かあると思いますので、
そういった際の対策をご紹介していきますね。

 

大体のお母さん方は、ベビーカーを使用してのお散歩になると思いますが、
その際は、できるだけ紫外線を浴びさせないように、
ベビーカーの日差しよけを使用するようにしましょう。

 

そうすることで、多少は紫外線を浴びさせない対策をとることができますので、
おでかけの際は、しっかり行ってあげましょう。

 

また、小さいうちですと、日焼けどめクリームを直接肌に塗ることは
あまり良くないことがありますので、
掛かり付けの医師に相談してから塗ってあげるようにしたほうが良いですね。

スポンサーリンク