uvカットマスクは使い捨てでも良いの?

スポンサーリンク

ここでは、「uvカットマスクは使い捨てでも良いのか」についてお話します。

 

最近はUV関連商品が多数出ていますが、
「UVカットマスク」というものもあります。

 

マスクというのは日本独特の製品のため、海外からの旅行者なども
購入して行くそうです。

 

マスクで日焼け防止になるのでしょうか?

 

花粉用・ウイルス用が一般的ですが
紫外線が95%もカットできるマスクもあります。
十分日焼け防止になります。

 

しかし、一般的なマスクよりはコストが高いです。

 

2枚〜3枚で300円〜1700円と、幅広く、
洗って使えるものや中に保護シートなどをつけて
長時間の使用を可能にしているものもあります。

 

また、使い捨てタイプもあり、さまざまですので、自分に合ったものを
探してみてはいかがでしょうか?

 

普段使っている使い捨てマスクをUVカットにする方法もあります。
ポリエステル素材の生地をマスクの大きさに切断して、
マスクの中に貼り付けるだけでも、UVカットはできます。

 

ポリエステル生地は加工しなくても90%以上の
紫外線を透過しない性質があります。

スポンサーリンク

布を貼り付ける糊が売られていますので、そちらを使用してもよいです。
または、UVカットスプレーも販売されていますので、
そちらをスプレーしてもよいです。

 

マスクだけで日焼けは防げるのでしょうか?

 

マスクだけでは日焼けは防げません。
どうしても露出しているところはありますので、
その場所には、日焼け止めを塗るとよいでしょう。

 

また、UVカットのメガネなどもよいです。
メガネがくもらないマスクもあります。
マスクも全く違うタイプのマスクもありますね。

 

アラビアの踊り子のような首まで隠れるタイプとかもあります。
あまりに過度な防御法は苦手という人もいますが、
それだけ紫外線に対して、敏感になってきているのでしょう。

 

紫外線はいろいろな疾患を引き起こすこともありますから
美容だけでなく、健康のためにもしっかりとした紫外線対策は必要なのです。
自分に合った紫外線対策をみつけて、アウトドアも楽しめたらよいですね。

 

また、紫外線に負けないために、バランスの良い食事も大切ですね。

 

紫外線は浴びることで疾患を誘発したりさせることもあるので、
日差しが強くなってきて、なんとなく調子が悪いなと思うときは
規則正しい生活や食生活なども見直してみるのもよいです。

スポンサーリンク