uvカットパーカーで涼しいものとは?

スポンサーリンク

ここでは、「uvカットパーカーで涼しいもの」についてお話します。

 

陽ざしが強くなると、日焼けが怖い、
また最近では日光アレルギーというのもあります。
昔から、日焼けは女性の大敵とも言えます。

 

日焼けによっては、皮膚のDNAにまで、影響を受けてしまうこともありますので、
日焼け対策はしっかりと行うことが望ましいのです。

 

日焼け対策グッズと

 

「UVカット」この言葉はだれでも聞いたことがある言葉ですね。
帽子・手袋・日傘などにも、この表示が付いているものと付いていないものでは、
売れ行きが変わるそうです。

 

それだけ、人々の意識の中に紫外線対策意識が向上しているということなのです。

 

衣料のUVカット加工製品の効果

 

日焼け防止対策として「長袖」など、
肌の露出を少なくすることが当たり前と考えますが、

 

同じ長袖でも、綿製品などでは紫外線の肌までの到達を
阻止することはできないのです。

 

ポリエステル繊維 ウールなどは
9割の確率で紫外線をカットできると言われています。
そして、それらの素材に対しても繊維にUVカットを加工する技術もあるのです。

 

紫外線には効果を持たなかった綿繊維にも、
その効果を付け足すことができるのです。

 

UVカット技術の種類

 

UVカットの効果をあげる、またはプラスする手法はいくつかあります。

 

・微粒子を繊維に練りこむ
・糸の形状を変える
・編み方を変える
・製品自体にコーティングする

 

などです。

スポンサーリンク

微粒子を繊維に練りこむ

 

酸化チタンや特殊セラミックを練り込むことにより、
紫外線を吸収し、乱反射させます。

 

日焼け止めを直接肌に塗った場合の効果と同じ原理です。
洗濯を繰り返しても、効果はほぼ変わらないと言われています。

 

糸の形状を変える

 

糸の断面の形状を変え、効果を上げる手法です。
糸を日光が乱反射しやすい、十字や星型の形にしたものです。
婦人衣料、インナー、水着などの商品として開発されています。

 

編み方を変える

 

ニット製品は涼しいのですが、その織り方から紫外線防止には向かない製品でした。
しかし、ニットでも、高密度に織ることによって
紫外線防止率を上げることができるよになりました。

 

製品自体にコーティング

 

製品化したものに直接、紫外線を吸収、
乱反射するコーティング剤を吹き付けます。

 

表面のみをコーティングしているため、
洗濯を繰り返し行うと、効果が下がってしまいます。

 

このように、いろいろな手法があるわけですが、
これらを効果的に組み合わせた商品が、現在は製品化されています。
衣料品に直接UVカット効果をスプレーをできるコーティン剤なども販売されています。

 

UVカットのパーカーなどは、涼しい物でも
1000円〜5000円くらいで手軽に手に入ります。

 

羽織るものがあると、大変便利です。
上手に使って、紫外線をカットしながら安心で涼しく過ごせたらよいですね。

スポンサーリンク