紫外線アレルギーが腕だけの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの腕だけ」についてお話します。

 

紫外線というと、強い日光を想像してしまいますが
日差しがそこまで強く感じない曇りの日であったり、
まだ少し肌寒い4月頃でも、実際はかなり浴びています。

 

その時は紫外線を浴びているように感じませんが、
実はそういった時期や天気のほうが紫外線が強かったりするのです。

 

紫外線を浴びることによって、シワやシミなどのが
出来てしまうことがほとんどですが、この紫外線によって、
アレルギー症状を引き起こしてしまうこともシバシバです。

 

そういったアレルギー症状とは、一体どういうものなのかと言いますと、
湿疹や炎症を伴う痒みなどが主ですね。
その湿疹や痒みを伴う箇所はさまざまで、
腕にだけ症状が出てしまうケースもあるのです。

 

さて、ここで疑問なのですが、
何故腕にだけ症状が出てしまうことがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

紫外線アレルギーで腕や足に出る症状とは?

 

紫外線アレルギーは、主に紫外線の光を浴びた
箇所にだけ症状が出てしまうことが多いのです。
腕や足に出る症状としては、やけどに似たような水ぶくれを伴う湿疹や、
赤いブツブツとした発疹が出てしまうのが特徴的ですね。

 

ただし、人によっても症状は異なります。
ただ赤く腫れるだけの方もいれば、皮膚がただれたような感じになる方もいます。

 

いつ頃から発症するの?

 

アレルギー症状を引き起こしやすい方の場合ですと、
紫外線を浴びて10分もすれば症状が出てきます。
1時間異常症状が続いてしまうこともあります。

 

紫外線アレルギーによる腕だけ症状が出る原因とは?

 

紫外線を体外からの危険な刺激とカラダが勝手に反応してしまうことによって、
アレルギー反応を引き起こしてしまうのです。

 

腕だけの紫外線アレルギーを予防するにはどうしたらいいの?

 

この紫外線アレルギーを発症してしまうと、
症状が腕や足などに出てしまっても、完治はしにくいのです。
ですから、できるだけ紫外線を浴びない対策を行いましょう。
腕だけの場合ですと、長袖やアームカバーを身につけるようにしましょう。

スポンサーリンク