紫外線アレルギーが手の甲だけの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギー全般」の話と
「なぜ手の甲にだけ症状が出るのか?」についてお話します。

 

アナタは、紫外線がもっともひどい時期をいつ頃だと思いますか?
たいていの方の場合、「7月から8月」を思い浮かべる方が多いと思いますが、
実はそれは大きな間違いなのです。

 

紫外線のもっともひどい時期というのは
「5月から7月」ぐらいがピークなんですよ。

 

まだそんなに暑さを感じない5月から7月頃に油断していると、
紫外線アレルギーの症状を引き起こしてしまいますよ。

 

そのようなことにならないためにも、
紫外線アレルギーの知識をしっかり学んでおきましょう。

 

紫外線アレルギーの症状ってどんなもの?

 

強い紫外線を浴びてしまうことにより、
手の甲やカラダのあらゆる部分にブツブツとした湿疹が
出てきたり、皮膚が炎症を起こし痒みを伴ってしまうことがあります。

 

また、さらにひどい症状の場合ですと、
頭痛や嘔吐を引き起こしてしまうこともありますので、
十分に気をつけたいアレルギーなのです。

 

もともとアレルギー体質ではないのに...という方もいると思いますが、
この紫外線アレルギーは、「即時型のアレルギー」に分類され、
今までこのような症状を引き起こしたことがないのにいきなり症状が
現れ始める...なんてこともあるのです。

 

他にも下記のような症状が見られることもあります。

スポンサーリンク

・まぶたの腫れや目の充血。
・水ぶくれ。
・発熱。

 

紫外線アレルギーの原因とは?

 

紫外線アレルギーの原因は、生まれつきによるものだったり、
即時型のように急に発症する方もいます。
生まれつきの場合ですと、遺伝が大きく関係しているようですね。

 

即時型の場合の原因はというと、

 

・日焼けどめクリームの中に含まれる成分がカラダに合わない。
・お肌に塗っている化粧品が紫外線と反応し合っている。

 

・紫外線をたくさん浴びすぎている。
・ストレスの溜まりすぎ。
・手や足の冷え性。

 

などです。

 

特に女性の場合ですと、化粧を毎日する方が多いですので、
十分な紫外線対策を行っていただきたいものです。

 

手の甲にだけ紫外線アレルギー症状が出るのはなぜ?

 

紫外線アレルギーの原因は、現代医学では
ハッキリした理由は分かっていません。
したがいまして、体のどこの部位にアレルギー症状が出るのか?
という理由につても、ハッキリとした答えは、まだ無いのです。

スポンサーリンク