紫外線アレルギーの食べ物とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの食べ物」についてお話します。

 

春から夏にかけての時期は紫外線がもっとも多くなります
1年のうちで一番日焼けしやすい時期と言えますね。

 

お花見などから始まり、お子様がいると運動会など
行楽や学校のイベントなども多いのも春と夏の間の時期ですね。

 

そうでなくても、お散歩に行きたくなるなど、
お天気が良いと外へ気持が向いてきます。
冬を越えて暖かい太陽がうれしくなるのかもしれません。

 

しかし、その太陽の紫外線が怖いのです。
紫外線は人の体にいろいろな影響を与えてしまいます。
紫外線アレルギーはその代表的な例ですね。

 

紫外線による疾患はどのようなものがあるでしょう?

 

最近ですと、代表されるのは「紫外線アレルギー」ですね。
紫外線アレルギーはある日突然発症するアレルギーです。
軽い症状だと気が付かないでいる方もいるかもしれません。

 

天気が良い時に散歩に行って帰ってきたら、腕が痒い、湿疹ができたなどありましたら
紫外線アレルギーである確率は高いでしょう。

 

皮膚がんは昔から注意されてきましたが、皮膚がんは紫外線を大量に浴びると
細胞の遺伝子に傷つき、傷ついた遺伝子は、通常ならば、2日間程で修復されますが、

 

大量に紫外線を浴びると遺伝子は正常に回復しないままで、
細胞分裂を繰り返し、その結果、遺伝子が誤った遺伝情報に書き換えられ、
突然変異を起こし、がんになってしまいます。

 

これにはメラニン色素が大きく影響します。

 

メラニン色素の量が多いほど肌は黒くなりますが、
その分、紫外線から肌細胞を守る力が強くなると言われ、
色白の人は色黒の人よりも皮膚がんになる確率が高いのです。

 

◇目の病気もあります。白内障などは誰もが知っているのではないでしょうか?
紫外線の影響で起きる眼病は他に「雪眼炎」
「翼状片」「加齢性黄班変性」などがあります。

 

<白内障>

 

・水晶体が加齢に伴って白く濁ってしまいます。

 

<雪眼炎>

 

・光誘発性角膜炎です。
雪山や海などでなる「雪目」と言われるものです。

 

<翼状片>

 

・白眼の結膜組織が増殖し、黒眼まで侵入してしまいます。
紫外線を長年に渡って浴びる事が主な原因で起こるので
中高年の人々に多く見られるます。

 

<加齢性黄班変性>

 

・網膜にある黄斑の異常で網膜組織の萎縮などが起こります。
視界がゆがんで見える変視症・視力低下・中心暗点などがあり、
最悪の場合、失明することもあります。

 

紫外線はいろいろな影響を体に与えます。
紫外線は目に見えないけれど、あらゆる角度から人体に降り注いでいるのです。
紫外線は皮膚だけでなく目から人体の中へ入り、脳を刺激するのです。

 

そこで脳下垂体を刺激してメラニン色素を生成させます。
帽子も、手袋も、日傘まで差してるのに肌が黒くなるなどは、
目から侵入した紫外線が脳を刺激したためなのです。

スポンサーリンク

メラニンが紫外線から守ってくれるのだから、よいことなのでは?
と思いますが、アレルギーであれば、
頭痛や嘔吐などを引き起こしてしまうのです。

 

紫外線から身を守るにはどうしたらよいのでしょう?

 

<皮膚をまもる>

 

・帽子・手袋・日傘・UVマスクなど

 

<身体をまもる>

 

・サングラス・UVカットメガネ・食事など

 

食事で紫外線への免疫力をあげることはとても大切です。

 

紫外線に強くなる食生活をしましょう。
紫外線を浴びると人間の体内では「活性酸素」が発生します。
ちょっと聞くと「活性」という言葉はプラスになるような感じですね。

 

活性酸素は酸素が体内で変化した化合物で、
病気の原因の90%がこの活性酸素が原因だと言われています。

 

2種類の活性酸素

 

<善玉活性酸素>

 

体内に入り込む細菌やウィルス、有害物質を排除する働きがあります。

 

<悪玉活性酸素>

 

体内の細胞を攻撃し酸化させ病気や老化の原因となります。

 

人間は生きていくために酸素を取り込むのですが、
取り込んだ酸素の2〜3%は食生活の乱れや
ストレス・喫煙・飲酒などで活性酸素に変化します。

 

活性酸素を負けないための食事

 

このストレス社会で活性酸素を完全に止めることはできません。
しかし、活性酸素に対抗する「抗酸化力」を手に入れることができるのです。

 

抗酸化作用のある食品

 

身近さと手軽さから飲み物などでもあります。
水素水などもその一つで大変有効だといわれていますし、
ローズヒップのハーブティーもおすすめです。

 

ビタミンB2の含まれるもの

 

美容と健康にも効果的な栄養素として知られています。
新陳代謝を促進したり、皮膚や髪の生成を助け、粘膜を保護します。

 

イワシ・カレイ・サンマ・ブリ、アボガド・ほうれん草
モロヘイヤ・卵・大豆・納豆・ヨーグルト・レバーなどです。

 

ビタミンCが含まれるもの

 

活性酸素を排出してくれる抗酸化作用があり、
ビタミンEの吸収を助けるのでこの二つを同時に摂取できるサプリメントなどは
大変効率が良いと言えます。

 

ローズヒップ・サツマイモ・ジャガイモ・カリフラワーなどですが、
ビタミンCは熱に弱いのでサプリメントの方が確実ですね。

 

<ビタミンEが含まれるもの>

 

アーモンド・ごま・落花生・玄米・抹茶・マーガリン
植物油・アボガド・しそ・バジル・パセリなどです。
加熱せずにそのまま食べれるものが好ましいです。

 

他にもたくさんありますので、調理法なども調べてみてはいかがでしょうか?
バランスの良い食事は健康にも美容にも大変重要です。

 

健康で毎日を過ごせることが何よりの宝と言えますので
日々の食事のバランスをもう一度見直しましょう。

スポンサーリンク