紫外線アレルギーの飲み薬でおすすめとは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの飲み薬でおすすめ」についてお話します。

 

紫外線アレルギーは皮膚の疾患が多いので、塗り薬を使うことが多いのですが、
水膨れなどで、症状が強く出ている場合は、飲み薬を使います。

 

皮膚科で処方される薬

 

1:塗り薬

 

・リンデロンA(非ステロイド薬・ステロイド薬)

 

2:飲み薬

 

ジルテック錠・セレスタミン錠・アレロック(抗アレルギー薬の飲み薬)

 

このような薬がほとんどです。

 

処方薬でアレルギーは治るのでしょうか?

 

処方薬は症状の緩和をするだけであり、
アレルギー自体を治療するのではありませんので
紫外線アレルギーは完治しません。

 

紫外線アレルギーは完治するのでしょうか?

 

突然発症して、突然治まるというのも、アレルギーの特性です。
それはなぜがと言いますと、アレルギーは「免疫」の力次第だからです。

 

ホルモンバランスと自律神経を健康に保つことに気を配り、
免疫力を上げることでアレルギーは治る可能性があるということです。

 

そこで、最近注目されているものが、サプリメントです。
サプリメントは薬ではありませんが、紫外線アレルギー対策になるサプリメントが
いろいろ販売されています。

スポンサーリンク

美容のために飲んでいた「馬プラセンタ」に抗アレルギーの作用があった

 

プラセンタには抗炎症作用もありますので、
紫外線の刺激による炎症も抑えられるのです。

 

もともと美容目的としている製品でもありますので、
肌組織の修復などにもよい効果があります。

 

「デルマタン硫酸」という成分が紫外線を
肌に侵入するのを防ぐ働きがあることが分かりました。
その成分によって湿疹などができなくなるのです。

 

デルマタン硫酸は、肌再生のサイクルが乱れている場合などに効果を発揮します。
肌再生は、古い肌細胞から新しい肌細胞へ入れ替えことを指し、
また、肌トラブルから強くするのです。

 

人間には誰もが持っている成分なので、副作用の心配もなく、
安心して使えるということです。

 

デルマタン硫酸と馬プラセンタやヒアルロン酸など相性も大変よく、
この組み合わせの摂取で、相乗効果を上げることができるでしょう。

 

厚生労働省では、これらの成分は副作用が起きることは、まずないとされています。
紫外線からの刺激を跳ね返せてさらに、
美容や健康に良いとされているので、うれしい限りです。

 

一度試してみてはいかがでしょうか?
ドラッグストアなどで気軽に購入できますので、
成分表を見ながら購入するのもおすすめです。

スポンサーリンク