紫外線アレルギーに効く食べ物とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーに効く食べ物」についてお話します。

 

紫外線アレルギーというものをご存知ですか?
その名前の通り紫外線に対するアレルギーで、日光アレルギーとも呼ばれています。

 

外因性の紫外線アレルギー

 

薬の服用や特定の食べ物などが原因で起こり、別名を光線過敏型薬疹ともいいます。
特定の薬を使用した後に紫外線を浴びると、
顔、首、腕などに発疹ができ、水泡になるといった症状がでます。

 

薬の種類は抗生物質、解熱鎮静剤、高血圧治療、抗けいれん薬、
腫瘍用薬などで、用法容量を守ることが大切です。

 

薬の他には、レモンやオレンジ、パセリなどには紫外線に対して
身体を過敏にさせるソラレンが含まれており、注意が必要です。

 

柑橘類はソラーゲンという光毒性が含まれておりますから、
一時期流行ったレモンパックなどは、しないようにしましょう。

 

また、紫外線対策に利用中のUV化粧品に含まれている成分や香料が原因で、
紫外線の影響を受けやすくなることもあるようです。

スポンサーリンク

紫外線アレルギーに効く食べ物

 

無理なダイエットや乱れた食生活などが原因で、
ビタミンなどの栄養素が不足してしまい
紫外線アルギーを発症しやすくなることがあります。

 

また、それには遺伝が影響している場合もあります。
紫外線に効果のある栄養素といえば、ビタミンC、B群、Dと
パントテン酸というものです。

 

食材から摂取することは勿論よいですが、
手軽にサプリメントで補給するのでも問題ありません。

 

ビタミンCは、紫外線に対する抗体を作ってくれます。
ビタミンB2は、肌を強化してくれる効果があります。

 

ビタミンDは、体内の免疫力を上げてくれるので、
こちらもやはり抗紫外線アレルギー効果があり、発症しづらくなります。

 

パントテン酸というのは、ビタミンB群のひとつで、
肌と髪を健康に保ってくれる栄養素です。

 

ビタミンを多く含む食材

 

身近なものでは鳥、豚、牛のレバーや納豆、きな粉や玄米があげられます。
その他は魚類にもビタミンは多く含まれています。

 

ニジマスや鮭、かつおやまぐろ、さんま、たらこやうなぎの蒲焼などがいいでしょう
これらを上手に取り入れ、紫外線アレルギーと向き合っていきましょう。

スポンサーリンク