紫外線アレルギーが顔だけの時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーが顔だけの時の対処法」についてお話します。

 

紫外線には炎症の原因になるUVBとシミやシワの原因になるUVAがありますが、
紫外線アレルギーはこのUVAが原因と言われます。

 

美容にも悪い紫外線ですので、顔のケアをきちんとしているつもりでも、
実はその方法によって危険な場合があります。

 

紫外線アレルギーで顔だけアレルギー症状が出てしまう原因はなんでしょう?

 

アレルギーの症状が顔だけに出てしまうと言うケースは女性に多く見られます。
それを言った時点で、お気づきになる方もいらっしゃると思いますが、

 

日焼け止めを化粧下地のように使うと、
日焼け止めに含まれている「紫外線吸収剤」によって
肌が負けてしまうことがあるのです。

 

また、近年はファンデーションなどにも当たり前のようにUNと言う表示がありますね。
それも同じように紫外線吸収剤が調合されていると言うことです。

 

どうしたら顔を紫外線から守れるでしょう?

 

第一は、紫外線を浴びないことですが、日光は反射します。
空から降り注ぎ、あちこちに反射しながら飛び交っているわけですから、
完璧に浴びないようにするなどは無理なことですね。

 

効果的なのはやはり日傘が効果的ですね。
そのほかに最近は顔を隠すようなサンバイザーなどもよく見かけるようになりました。

 

紫外線から顔や身体を守る二つの方法があります。
紫外線を遮る方法と紫外線に負けない身体を作る方法があります。

 

紫外線はさえぎる方法は帽子、日傘、サンバイザーとありますが、
食品をバランスよく摂取することで紫外線に
負けない身体を作ることが一番良いのです。

 

「バランスの良い食事」と言うのが、現代社会においての、課題ともいえるでしょう。

 

紫外線に負けない体を作る食品

スポンサーリンク

ビタミンA・C・Eを含む食品です。

 

ビタミンAを多く含む食品としては、レバー、ウナギ、緑黄色野菜などですね。
ビタミンAは脂溶性ビタミンのため、
野菜はスープなどで油と一緒に摂ると吸収率が上がります。

 

炒めたりスープにするときは、オリーブオイルなど、質の良い油を使って、
吸収率をよくすると効果的です。

 

ビタミンCは水溶性のため、熱に弱いのでキウイやレモンなどが王道ですが、
野菜にももちろん、含まれています。
パプリカ、芽キャベツ、パセリ、ブロッコリーなどで、芋類にも含まれています。

 

ビタミンEは抗酸化作用がある食材で、
魚介類(シシャモ、ウナギ、サバなど)やナッツ類(アーモンド、ピーナッツ)、
緑黄色野菜(モロヘイヤ、カボチャなど)

 

ビタミンACEすべてを多く含む夏の食材もあり、代表的なものは、
ピーマンとカボチャですが、それだけを毎日食べると言っても限界がありますし、

 

大量に食べなければならなくなりますので、他の食材と一緒に摂取するようにすれば、
効率よく摂取できるでしょう。

 

食品からの摂取が難しいのであれば、
サプリメントなどで効率よく摂取することもよいでしょう。

 

アレルギーは、現代病とも言える病気で、先天性や遺伝性ではない限りは、
免疫力を上げくことで改善されていく病気と言えます。

 

野菜の栄養も昔のものと比べると
摂取される栄養も20%近く低下していると言うこともあり、
サプリメントの大切さをとなえる企業もあります。

 

紫外線から顔や身体を守るということは、そのまま美容につながることなのです。
女性のみなさん、高価な化粧品などを試す前に、
まず、自分の食生活を見直してみませんか?

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリーの記事を読んで
「紫外線アレルギーが出る体の部位」について、お勉強しましょうね!

スポンサーリンク

 

紫外線アレルギーが顔だけの時の対処法とは?記事一覧

ここでは、「紫外線アレルギー全般」の話と「なぜ手の甲にだけ症状が出るのか?」についてお話します。アナタは、紫外線がもっともひどい時期をいつ頃だと思いますか?たいていの方の場合、「7月から8月」を思い浮かべる方が多いと思いますが、実はそれは大きな間違いなのです。紫外線のもっともひどい時期というのは「5月から7月」ぐらいがピークなんですよ。まだそんなに暑さを感じない5月から7月頃に油断していると、紫外...

ここでは、「紫外線アレルギーが顔だけの時」についてお話します。紫外線アレルギーの症状があらわれる部分は、人によって異なります。中でも「顔」は、体の部位の中で、最も紫外線を浴びやすい箇所です。そのため、顔の日焼けを気にしている方はとても多く、日常的に、顔全体に日焼け止めクリームを塗っている方が多いのです。しかし、これが、紫外線アレルギーが顔にあらわれる原因なのです。日焼け止めクリームが原因?実は、日...

ここでは、「紫外線アレルギーが顔で子供の時」についてお話します。現代はアレルギーは数々のアレルギーがありますね。花粉症、日光アレルギー、紫外線アレルギーなど、アレルギーとは、体内に侵入した物質に対して働く抗体の量よりも多くなってしまうので発症してしまうのです。紫外線に関しては乳児期から18歳までに一生に浴びる紫外線量の50%を浴びてしまっているのです。昔は乳児に日光浴をさせるように指導されていまし...

ここでは、「紫外線アレルギーで顔の対策」についてお話します。最近、紫外線アレルギーというものについて、話題に出ることが多くなってきました。かゆみなどの症状からだけでは見分けが付きにくく、まだまだ認知度が低いアレルギーです。人によって顔だけに症状が出る場合もありますし、頭痛や吐き気などのつらい症状があらわれる場合もあります。この紫外線アレルギーについて、簡単に知っておくだけでも効果的な対策ができます...

ここでは、「紫外線アレルギーの腕だけ」についてお話します。紫外線というと、強い日光を想像してしまいますが日差しがそこまで強く感じない曇りの日であったり、まだ少し肌寒い4月頃でも、実際はかなり浴びています。その時は紫外線を浴びているように感じませんが、実はそういった時期や天気のほうが紫外線が強かったりするのです。紫外線を浴びることによって、シワやシミなどのが出来てしまうことがほとんどですが、この紫外...

ここでは、「紫外線アレルギー まぶた」についてお話します。紫外線アレルギーによる症状は、目やまぶたにも現れる!暑い夏の季節がやってくると、紫外線が特に気になりますよね。そのため、紫外線対策は欠かせませんが、大体の方々は、顔周りや首筋、腕や足など、衣類から出ている皮膚に日焼けどめクリームや日傘などを使って紫外線対策を行います。あれ?なんだか重大な箇所を紫外線から守る対策を怠っていませんか?それは、「...

ここでは、「紫外線アレルギーが目の周りの時」についてお話します。毎年8月は一年でもっとも暑い季節ですね。それと同時に嫌気を指してしまうのが、「紫外線」ですね。紫外線が強くなってしまうこの季節に欠かせないのが、紫外線対策なのですが、みなさんは、どこまで紫外線対策を行っていますでしょうか?また、どのような対策を行っていますでしょうか?こんなところも紫外線対策を忘れないでみなさんは、紫外線対策を行う箇所...

ここでは、「紫外線アレルギーで目の周りの対策」についてお話します。8月頃というのは、一年の中でも最も気温が高く、暑い季節ですね。それと同時に紫外線の強い時期でもあります。この季節に欠かせないのが、しっかりとした紫外線対策なのです。みなさんは、どのような紫外線対策を行っていますか?紫外線対策を行うべき箇所と言えば、一般的には、顔周りや首筋、腕や足などの衣類から出た外気にさらされている部分を思い浮かべ...

ここでは、「紫外線アレルギーが首の時」についてお話します。「日光」というと「暖かくやさしい」そんなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?しかし、太陽光線というと、また違う感じがしますね。太陽光には熱を感じる赤外線、目に見える可視光線、何も感じない紫外線の3つがあります。この中の紫外線は波長が短く、強いエネルギーがあるので物質に化学変化を起こさせやすく、紫外線でアレルギーを起こすこともあるので...

ここでは、「紫外線アレルギーが唇の時」についてお話します。紫外線アレルギーと聞いたことがある人も多いでしょう。もしかすると、なっているかもしれないのです。それほど、現代はアレルギー時代なのです。花粉症やハウスダスト・ダニなどもそうですね。その中でも紫外線アレルギーというものは空から降ってきていますので、防御が大変です。花粉症は時期があります。ハウスダストやダニなどは掃除をまめにするなどで軽減します...

ここでは、「紫外線アレルギーの症状が足の時」についてお話します。紫外線は夏の暑い時期という意識がありますが、実は一番強くなるのは3月頃から始まっています。帽子や長袖、しっかり紫外線カットしているつもりでも光の当たっていない場所にも、紫外線は通ってしまいます。それが、非常に危険なのです。車に乗車中に手や顔はしっかり紫外線カットしていても、足までしている人は少ないですね。最近の車の窓ガラスはUVカット...