紫外線アレルギーが顔で子供の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーが顔で子供の時」についてお話します。

 

現代はアレルギーは数々のアレルギーがありますね。

 

花粉症、日光アレルギー、紫外線アレルギーなど、
アレルギーとは、体内に侵入した物質に対して働く抗体の量よりも
多くなってしまうので発症してしまうのです。

 

紫外線に関しては乳児期から18歳までに一生に浴びる紫外線量の
50%を浴びてしまっているのです。

 

昔は乳児に日光浴をさせるように指導されていましたが、
現在はさせないように指導されています。
そのことからわかるように、現代では紫外線のいろいろな障害があるということです。

 

紫外線アレルギーや皮膚ガン・眼病など、いろいろな問題があります。
子供のうちから紫外線を浴びないように気を付けていれば、
発症をしなくても済む、もしくは遅らせることができるのです。

 

乳児期の子供の紫外線アレルギーもある

 

乳児期の子供をベビーカーに乗せてお散歩。
よく見る光景です。

 

しかし、ベビーカーというのは向く方向によっては、
しっかりと太陽光が当たってしまいますし、
後ろから押しているので、子供の様子はみえませんね。

 

ちょっとのお散歩だったけど、
帰ってきたら顔が赤くなっていたなどということもあるのです。

 

子供の外遊びは紫外線がいっぱい

 

子供は暑くても元気に遊びますが、子供は身長が小さいので、
地面からの反射される紫外線を多く受けます。
「真っ黒になって、元気いいね。」今はそういう時代ではないのです。

 

紫外線アレルギーが顔で子供の時とは?

 

紫外線から子供を守るには、帽子です。

 

後頭部から7cm以上のつばのあるものが理想ですが、
野球帽でもつばが10cmくらいあれば、
顔が受ける紫外線は約70%はカットできます。

スポンサーリンク

そのほかにはしっかりと日焼け止めを塗ってあげることが大切です。
小さいうちからしっかりした紫外線対策をして、
アレルギーを発症しなく済むようにしたいものです。

 

乳児の紫外線アレルギーの治療

 

外出して帰ったら子供の顔が赤くなっている、
ブツブツと湿疹が出たなどの症状がでたら
できるだけ早く検査をすることをおすすめします。

 

その時の肌の状態を写真に撮っておくなどしておくとよいですね。
アレルギー科がある総合病院などで光線過敏症のテストを受けます。

 

花粉症とおなじく、紫外線アレルギーもある日突然発症し、
なかなか治すことは難しいのです。

 

診断を受けて紫外線アレルギーだと言われたら
紫外線を浴びないようにしなくてはならないのです。
子供の紫外線アレルギーは2つの原因があります。

 

色素性乾皮症

 

少しの外出で日光を浴びただけで日焼けをしてしまいます。
この病気に気づかずに紫外線を浴び続けると、
10〜20代で顔などに皮膚ガンが出ることがあります。

 

日光に当たって、ひどい日焼けなどはなくても、
幼少期にそばかすが濃くなることがあるので、注意が必要です。

 

骨髄性プロトポルフィリン症

 

3〜6歳ころから、症状がではじめます。
日光に当てた部分が灼熱感と持ちあかくはれるなどが繰り返し起きます。
この場合は骨髄性プロトポルフィリン症という疾患を疑います。

 

この検査は、血液検査で赤血球の中の
プロトポルフィリン量を調べることで診断されます。
親・兄弟姉妹で同じ病気があることがあります。

 

子供の紫外線アレルギーなどは先天性のものもありますので、
異常に気付いたらすぐに専門医を受診した方がよいのです。
子供を育てられている方は、ぜひ意識して、実践してください。

スポンサーリンク