紫外線アレルギーは完治するの?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーは完治するのか」についてお話します。

 

紫外線アレルギーの季節(3月〜7月)は、
症状が出ている方はつらい季節となりますし、
または、突然発症したりということもあります。

 

そして、完治したという話はほとんど聞いたことがありませんが
アレルギーを発症しないようにすることに目を向けていくしかないのです。

 

紫外線アレルギーを発症しないようにするためにはどうすればよいのでしょう?

 

アレルギーは先天性や遺伝性以外のものは、体内の免疫力によるものがほとんどです。
免疫力をつけるにはどうしたよいのでしょう?
食事により、栄養素をバランスよくとり続けることが大切です。

 

食材から摂取することは勿論、サプリメントで補給してもいいと思います。
ビタミンA・C・Eは、紫外線に対して活性酸素を現象させる抗体を作ってくれます。
(柑橘類はソラーゲンという光毒性が含まれているので注意が必要)

 

ビタミンB2は、肌を強化してくれるので紫外線アレルギーを
発症しづらくする効果があります。

 

ビタミンDは、体内の免疫力を上がるため、
やはり抗紫外線アレルギーに効果があります。

 

紫外線アレルギーは発症したり、治まったりするので、
おかしいと思った時に診察を受けておくことが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

紫外線を浴びないためにはどうしたらよいのでしょう?

 

食事の他では、紫外線を浴びないことが一番ですが、
ずっと屋内ばかりというわけにもいきません。

 

屋外に出るときは、帽子・手袋・サングラスなど、
紫外線対策をしっかりすることが重要です。

 

女性の場合は日傘が一番有効だと聞きますが、男性が日傘をさしているのは
あまり見たことがありませんね。

 

紫外線アレルギーは絶対に完治しないのでしょうか?

 

紫外線アレルギーと言っても、症状は、皮膚であったり、目であったり、
体の異常(倦怠感・むくみなど)
人によって様々です。

 

中には症状がなくなる場合もあります。
しかし、一度治っても、紫外線を浴びすぎてしまったり、
食生活や生活サイクルなどの乱れから、また、再発してしまうこともあります。

 

規則正しい生活と、野菜主体のバランスのよい食生活は体の免疫力を高めますので、
症状の改善が期待できるでしょう。
そのためにも、しっかりと診察をうけて、対処法を知っておく必要があるのです。

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリーの記事を読んで
「紫外線アレルギーの治療関係」について、お勉強しましょうね!

スポンサーリンク

 

紫外線アレルギーは完治するの?記事一覧

ここでは、「紫外線アレルギーは治るのか」についてお話します。紫外線アレルギーという言葉を聞いたことがある方も増えたと思います。ここ何年かでかなり広まってきていると言っていいです。20年以上前から、赤ちゃんの日光浴をしないようにと育児の方で言われ始めました。日光浴がカルシウムの吸収を高めると言っていた時代はもう、遠い昔の話になってしまったのです。紫外線は年々、危険度を増しているとも言えます。紫外線ア...

ここでは、「湿布で光線過敏症の治療」についてお話します。光線過敏症(日光アレルギー)この言葉をきいたことがあるでしょうか?「光線過敏症」という疾患です。この疾患自体には症状というものがありませんが、この疾患によって誘引されたり、悪化してしまったりするのです。また、この疾患は薬剤でも発症します。湿布が原因で光線過敏症になったという例があります。湿布薬「モーラステープ」と光線過敏症この「モーラステープ...