紫外線アレルギーが赤ちゃんの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーが赤ちゃんの時」についてお話します。

 

気温が上がってくると、赤ちゃんをお持ちの方は大変ですね。
赤ちゃんはすぐにあせもになってしまいます。

 

現代では生まれつき花粉症だったり、アトピーがあったりと
まさしく現代病といってもよいのでしょう。

 

赤ちゃんの皮膚疾患

 

乳児湿疹や乾燥からくる湿疹そして汗をかくことによっておきる「あせも」
四季を問わず、いろいろな皮膚トラブルが起きます。
食べ物でもアレルギーによって湿疹が出ることがあります。

 

そんな中で、お散歩をして帰宅したときに、赤ちゃんの腕や顔などに湿疹ができていた
などと気が付いたことはないでしょうか?
もしかすると、それは紫外線アレルギーかもしれません。

 

紫外線アレルギーと乳児湿疹の見分け方

 

乳児湿疹は隠れているところにも湿疹がでてしまいますが
紫外線アレルギーの場合は露出しているところに湿疹がでます。
「あせも」と判断してしまうことも多いでしょう。

 

アレルギーは乳児期でも発症する

 

アレルギーというのは2通りがあります。
ひとつは内因性のもので、体の中にある紫外線への抗体を入れ物ととした場合、
その入れ物があふれてしまったときに、アレルギー反応が起きます。

スポンサーリンク

乳児期にこのアレルギーが起きるということは、母体の抗体が弱くなってそのまま
子供に残ってしまうわけです。そのために早い時点で発症してしまうのです。

 

外因性の場合は、薬を飲んだ後に紫外線を浴びたり、日焼け止めを塗った後に
アレルギーの症状が出ることがあるのです。

 

薬の中の成分が紫外線に反応して、肌に異常をおこしたり、嘔吐なども引き起こします。
また、日焼け止めの場合は紫外線吸収剤によってかゆみ、
発赤、シミなどをもたらします。

 

紫外線アレルギーの症状

 

皮膚に一番現れやすく、赤く腫れあがったり、
かゆみをともなう湿疹、酷くなると、水膨れになったりします。
また、目も充血・涙が出る・ゴロゴロとした異物感などです。

 

身体の症状としては倦怠感、頭痛・発熱などもあります。
乳幼児期は湿疹や目の充血などはわかりやすいのですが、
体の症状はよく見ていないと気付かない時もあるかもしれません。

 

泣き方などを注意しているとよいでしょう。

 

乳幼児の紫外線アレルギーの対処法

 

皮膚などに症状が現れた場合は清潔なタオルなどを
冷やしてあげるとかゆみなどが抑えられます。

 

そのようにして、すぐに小児科か皮膚科を受診しましょう。
少しでも早いうちに診断を受けておくことが大切です。

スポンサーリンク