紫外線アレルギーで頭痛の時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーで頭痛の時の対処法」についてお話します。

 

5月などはお子様がいるご家庭では運動会など、
屋外でのイベントも多い季節となりますが、
3月から7月が、一番紫外線が強い季節でもあります。

 

近年では、運動会など、屋外のイベントを
10月などに行うところも多くなってきた様子ですが、
まだまだ、4月から5月に掛けて様々な屋外イベントは多いようです。

 

日光に当たっていたら、頭痛に襲われた経験はありませんか?

 

皮膚のかゆみだけでなく
頭痛や吐き気、めまい、腹痛、下痢を起こす場合もあります。
そのような症状がある場合は、紫外線アレルギーを疑ったほうが良いでしょう。

 

そして、屋外では、日傘や帽子、サングラスなどUVグッズを身につけて、
できる限り日陰を歩いた方がよいでしょう。

 

紫外線アレルギーでなぜ、頭痛が起きるのでしょうか?

 

強い光を見ると、目の奥が痛くなることがありますが、
目は光が強すぎると頭痛や吐き気、発作などを起こしかねないのです。

 

たとえ自然な光(日光)であっても、
紫外線が強すぎる夏場は普段よりも紫外線が強くなるため、
偏頭痛が起きやすい環境といえるでしょう。

 

偏頭痛持ちの方もいるでしょうが、そういった偏頭痛も
紫外線を直接浴びることによって頭痛を引き起こしてしまうこともあります。

 

頭痛のメカニズムとしては、紫外線による疲労や、日光の熱の影響、
光刺激等が原因で脳の血管が拡張すると、その周囲を取り巻いている

 

脳の神経の中で一番大きい三叉神経圧迫され、刺激を受けた事で、
痛みを引き起こす炎症物質が放出され血管の周りに炎症が起こるためです。

スポンサーリンク

この炎症が神経を刺激して「痛み」を感じるとも言われています。

 

どんな痛み方をするのでしょうか?

 

頭痛の症状は、脳の血管が脈打つようにズキズキと、
リズムを刻みながら痛みを伴います。

 

その他にも、めまいなどを引き起こし、視野が狭くなったり、
吐き気や耳鳴りを起こしてしまうこともあるのです

 

頭痛がおきたらどうしたらよいでしょうか?

 

・直射日光が当たらないようにして日陰に避難しましょう。
・痛む箇所にジェルシートや保冷剤などを使い、冷すことも効果的です。

 

・カフェインを含む飲み物などを飲むのもよいでしょう。
(カフェインは血管を収縮させる効果があるためです)

 

・はちまきを巻く、指でこめかみを圧迫する。
(血管を圧迫し、血液の流れを抑え、
血管の拡張を抑えることで偏頭痛の緩和できます)

 

しかし、一番良いのは、偏頭痛が起きないことですね。

 

そのためには、予防として、紫外線をカットする眼鏡やサングラスで、
目から紫外線の侵入を防ぐ、室内もUVカットのカーテンなどを使用する、
またはガラスにフィルムを貼るなども効果的です。

 

日々の紫外線とどのように付き合っていくかが、
アレルギーを軽減するカギとなるでしょう。

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリーの記事を読んで
「紫外線アレルギーのその他の関係」について、お勉強しましょうね!

スポンサーリンク

 

紫外線アレルギーで頭痛の時の対処法とは?記事一覧

みなさんは、紫外線アレルギーについて、どれくらい知っていますか?ここでは、「紫外線アレルギーをチェックする方法」についてお話します。紫外線アレルギーは、誰もがなり得る病気です。名前の通り、紫外線によって発症するアレルギーで、皮膚に湿疹や赤みが出たり、頭痛や吐き気などの症状を起こすこともあります。一度発症すると、治りにくいと言われています。この病気は、人によって症状のあらわれ方や、重症度が異なります...

ここでは、「紫外線アレルギーは冬は大丈夫なのか」についてお話します。紫外線アレルギーとは、いわゆる日光アレルギーのことで、光線過敏症とも呼ばれます。太陽の光にあたった部分に赤い発疹や水疱ができたり、蕁麻疹ができたりする症状があらわれます。薬剤性の紫外線アレルギーある特定の薬を飲んだ後に紫外線に当たると、肌が日焼けのようなひどい炎症をおこすアレルギーです。モーラステープによるものや抗ヒスタミン剤、あ...

ここでは、「紫外線アレルギーの頭痛」についてお話します。8月にはピークを迎える紫外線ですが、この紫外線による「頭痛」などといった症状が、人々を悩ませているということもあるのです。そんな症状を発症させないためにも、早めの対策が必要です。まずは紫外線による「頭痛」の知識を知っておきましょう。紫外線による頭痛の原因〜紫外線アレルギー〜紫外線を直接浴びた時に、カラダの表面に湿疹や痒みなどの症状が出てしまっ...

ここでは、「紫外線アレルギーで吐き気がする時」についてお話します。暖かい季節になってくると、紫外線が気になりますよね。もしも紫外線アレルギーの場合、外から帰って気づいたら、なんだか顔や腕などあちこちに蕁麻疹の様に湿疹が出来ていることも。痒いですし、酷いときには頭痛や吐き気を伴うこともあります。紫外線アレルギーについて紫外線アレルギーは、日光過敏症や日光性皮膚炎などとも呼ばれています。紫外線アレルギ...

ここでは、「紫外線アレルギーでのじんましん」についてお話します。紫外線対策に適しているオススメの商品をご紹介していきます。それでは、まずはじめに紫外線アレルギーについてを説明していきましょう。紫外線アレルギーによる「じんましん」とは?「日光じんましん」というのは、光線過敏症に分類されています。紫外線アレルギーを発症してしまうと、日光じんましんという症状が出る場合があります。日光じんましんとは、紫外...

ここでは、「紫外線アレルギーで発熱の時」についてお話します。寒い冬も終わり、春が来て、徐々に暖かくなってくる季節がやってきますね。暖かくなってくると、自然に暑さ対策として薄着で外出することも多くなりますが、暑さと共にやってくるのが、夏の紫外線です。みなさんも、夏が来ると紫外線対策を怠らない方も多いと思いますが、紫外線対策を夏にだけ行うのは大きな間違いなのです。寒い冬が終わり、桜の咲く季節がやってき...

ここでは、「紫外線アレルギーが赤ちゃんの時」についてお話します。気温が上がってくると、赤ちゃんをお持ちの方は大変ですね。赤ちゃんはすぐにあせもになってしまいます。現代では生まれつき花粉症だったり、アトピーがあったりとまさしく現代病といってもよいのでしょう。赤ちゃんの皮膚疾患乳児湿疹や乾燥からくる湿疹そして汗をかくことによっておきる「あせも」四季を問わず、いろいろな皮膚トラブルが起きます。食べ物でも...

ここでは、「紫外線アレルギーが幼児の時」についてお話します。自分の子供に将来紫外線アレルギーを発症させたくないのであれば、今のうちに紫外線対策を行うことを強くオススメします。紫外線対策を行う上で重要なのは、発症する前に対策をとっておこなければならないことですから、小さいうちに紫外線対策を行っておくことが重要になってくるのです。小さいうちから紫外線をたくさん浴びてしまうことで、それが歳を重ねるごとに...

ここでは、「紫外線アレルギーで脱毛」についてお話します。夏にかけて女性は忙しくなります。ムダ毛処理の季節になるからです。しかし、エステサロンなどでは「紫外線アレルギー」というとお断りされてしまうこともあるのです。紫外線アレルギーの人はエステサロンで脱毛できない?医学にもとづいて脱毛できるクリニックと違い、エステサロンでは万が一の場合営業停止になってしまう可能性があるからです。エステサロンやクリニッ...

ここでは、「紫外線アレルギーでニキビが出来る理由」についてお話します。花粉症アレルギー・紫外線アレルギー・日光アレルギーと近年はアレルギーの話題が多く耳にします。アレルギーとは、体内の抗体が物質を処理しきれなくなった場合に起きる疾患です。花粉症アレルギーは時期が限られていますが、紫外線や日光は一年中ありますね。アレルギーの症状も様々であり、皮膚に出る人もいれば、頭痛や吐き気・嘔吐も起こします。皮膚...

ここでは、「紫外線アレルギーが重度の時」についてお話します。紫外線アレルギーというものをご存知でしょうか?別名を日光過敏症や日光性皮膚炎とも言われています。自分はアレルギーとは無縁だと思われている人も多いと思います。しかしアレルギーとは、いつ誰に発症するか分からないものなのです。重度の紫外線アレルギーですと、私生活にも大きな影響がでてしまうため、決して油断してはいけません。今回は、紫外線アレルギー...