紫外線アレルギーの治療薬とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの治療薬」についてお話します。

 

日本人の多くは日焼けすると、メラニン色素の作用で始めは皮膚が赤くなります。
ヒリヒリとした痛みを伴いますが、
4〜5日経つ頃には、褐色に変色して定着し、痛みも治まります。

 

しかし、発熱を伴う痛みが続いたり、
赤みが引かなかったりするようならば、光線過敏症を疑いましょう。

 

紫外線アレルギーによる光線過敏症である場合、
早急に医師の診断を受ける必要があります。

 

市販薬の使用は効果があるのか

 

紫外線アレルギーを発症すると、
皮膚に炎症を起こし痒みを引き起こしたり、赤い湿疹が出てきます。

 

他にも、頭痛や吐き気、充血やまぶたの腫れなど、
さまざまな症状を引き起こしてしまうのです。

 

これらの症状を何とか和らげようと、
みなさんがまず考えるのが、市販薬に頼ることです。

 

わざわざ受診するよりも手っ取り早く症状を抑えられるならば、
市販薬に手を出したくなりますよね。
紫外線アレルギーに効果的な市販薬とはどんなものがあるのでしょうか?

 

実は、ドラッグストアなどの薬局で販売されている
一般的に手に入りやすい治療薬は、副作用を伴ってしまう危険性もあります。

スポンサーリンク

加えてアレルギーによる症状の類には、
あまり効果が期待できる市販薬はないといってもいいでしょう。

 

下手に自分で判断するよりも、医師へ相談し、
適切な治療薬を処方してもらうことをおすすめします。

 

炎症を抑えるのに有効的な治療方法は?

 

紫外線による炎症を起こしてしまった場合は、まず第一に冷やすことが大切です。
強い紫外線が直接肌に当たることで、
皮膚がやけどをおっている状態になっているのが紫外線アレルギーです。

 

やけどはまず冷やすことで症状を抑えますので、
紫外線による炎症の場合はこれがもっとも効果的です。

 

紫外線アレルギーの治療薬とは?

 

アレルギー症状を抑える効果は期待できませんが、
皮膚に痛みを感じている場合は保湿剤の使用が効果的です。

 

炎症を起こしてしまった場合、
その箇所からどんどん水分が放出されてしまい、痛みを生じてしまうのです。

 

ですから、そういった場合に保湿剤を使用すれば
皮膚に蓋をする役目を果たし、痛みを和らげる効果が期待できるのです。

スポンサーリンク