紫外線アレルギーの対策グッズとは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの対策グッズ」についてお話します。

 

紫外線アレルギーと言っても色々な症状があります。
直接日光に当たることで発症する症状は、

 

皮膚疾患や目の充血や違和感(異物混入のようなゴロゴロ感)
また、頭痛や吐き気なども起こります。

 

皮膚疾患の症状と対策

 

・赤くはれる(火傷のような症状)
・赤い湿疹ができる
・痒み

 

<対策>

 

帽子・長袖・日傘・アームカバー・日焼け止め

 

夏でも長袖が好ましいですね。
半袖であれば、アームカバーなどをお勧めします。
最近はUV加工が施された衣料品も販売されています。

 

日焼け止めは紫外線を吸収するものと、散乱させるものがあります。
吸収剤が入っていると強い効果が望めますが、
逆に日焼け止めで悪化することもあるので、体に合ったものを選びましょう。

 

目の症状と対策

 

 ・目が赤くなる充血
 ・痒み
 ・異物が混入したようなゴロゴロ感

 

目は何においても大切です。
一度痛めてしまうと回復に時間が掛かってしまうため徹底したケアが重要です

 

<対策>

 

サングラス

スポンサーリンク

サングラスは、あまり色の濃くないものを選びます。
色が濃いと瞳孔が開いてしまい、紫外線の侵入を増やしてしまいます。
]
偏光レンズなどを使用しているものを選びましょう。
サングラスのみではなく、帽子も着用すると一層安心ですね。

 

また、海水浴やプールのような場合は、
熱を持ちかゆみを伴う充血などもありますので、
目薬なども忘れずに携帯しましょう。

 

体に起きる症状と対策

 

・頭痛
・吐き気
・発熱

 

<対策>

 

帽子・長袖・アームカバー・日傘・サングラス

 

紫外線アレルギーでもっとも重度な症状といえるでしょう。
しっかりとした紫外線対策が必要となります。

 

屋内に居ても紫外線は入り込んでいます

 

屋内でも、家の窓から燦々と紫外線は入り込みます。
紫外線用の遮光カーテンや、ガラスに直接貼るUVカットフィルムなどもあります。
そのようなものを利用して、室内の紫外線も少なくすることが大切になります。

 

また、日中は10時から15時ころまでが最も紫外線の強い時間帯です。
その時間帯はできるだけ避けて外出できることが望ましいでしょう。

 

発症してしまった方はもちろんですが、まだ発症していなくても、
発症してしまうかもしれません。紫外線アレルギーは花粉症と同じように
ある日突然発症します。なので、日々の紫外線防御が必要となるのです。

 

最近は、次々と紫外線対策グッズが開発されてきています。
探してみるのもよいかと思います。

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリーの記事を読んで
「紫外線アレルギーの対策グッズや食べ物」などについて、お勉強しましょうね!

スポンサーリンク

 

紫外線アレルギーの対策グッズとは?記事一覧

ここでは、「紫外線アレルギーの服装」についてお話します。紫外線アレルギーを一度発症してしまうと、なかなか完治しないということは、もう皆さんもご存知ですよね。少しでもアレルギーによる症状を出さないためにも、「紫外線を浴びない」ということが大事になってくるのですが、そのためには、どのような対策があるのでしょうか?今回は、「紫外線アレルギーによる症状を最大限に抑えるための対策」を伝授致しましょう。紫外線...

ここでは、「紫外線アレルギーのサングラス」についてお話します。昨今、UVカットに対しての意識が大変高まってきますが、いろいろなアレルギーが解明されていく中に、「紫外線アレルギー」というものがわかっており、多くの人がこのアレルギーであると診断されています。花粉症ほど話題にはならないのですが、一年を通して起こりうるアレルギー症状にUVカット商品などもいろいろ登場しています。UVカット商品の種類衣料品で...

ここでは、「紫外線アレルギーの帽子」についてお話します。紫外線が多くなる時期になると、やはり帽子をかぶっている人が多いですね。しかし、帽子は、冬は寒さをしのぐためにも被りますし、雪や雨を凌ぐための帽子もあります。帽子も目的によって形が変わってきます。特に紫外線にアレルギーある人にとっては帽子はとても重要になってきます。最近はUVカットの帽子も増えています。紫外線量が一番多い時期紫外線のピークは春か...

ここでは、「紫外線アレルギーと食事の関係」についてお話します。紫外線アレルギーによる別名「光線過敏症」紫外線アレルギーは、外因性と内因性の二つに分類されているのは、みなさんももうご存知ですよね。その外因性のことを別名「光線過敏症」と言います。これは、主に現在服用している薬の副作用によって引き起こります。その光線過敏症の原因となってしまっている薬を服用した後に紫外線を浴びることで、顔周りや首筋、腕や...

ここでは、「紫外線アレルギーの食べ物」についてお話します。春から夏にかけての時期は紫外線がもっとも多くなります1年のうちで一番日焼けしやすい時期と言えますね。お花見などから始まり、お子様がいると運動会など行楽や学校のイベントなども多いのも春と夏の間の時期ですね。そうでなくても、お散歩に行きたくなるなど、お天気が良いと外へ気持が向いてきます。冬を越えて暖かい太陽がうれしくなるのかもしれません。しかし...

ここでは、「光線過敏症になる食べ物」についてお話します。光線過敏症を知っていますか?聞きなれない名前ですが、紫外線を浴びたことによって発生する皮膚炎のことを、光線過敏症といいます。日焼けとは少し違っていて、ある一定の物質が光に反応することで起こる症状です。光線過敏症がおきる原因には、外因性のものと内因性のものがあります。外因性の場合は、外から体内に取り込んだ薬や食べ物などが原因で起こる皮膚疾患です...

ここでは、「紫外線アレルギーに効く食べ物」についてお話します。紫外線アレルギーというものをご存知ですか?その名前の通り紫外線に対するアレルギーで、日光アレルギーとも呼ばれています。外因性の紫外線アレルギー薬の服用や特定の食べ物などが原因で起こり、別名を光線過敏型薬疹ともいいます。特定の薬を使用した後に紫外線を浴びると、顔、首、腕などに発疹ができ、水泡になるといった症状がでます。薬の種類は抗生物質、...