紫外線アレルギーで湿疹の薬とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーで湿疹の薬」についてお話します。

 

夏の時期に太陽の下にわずかな時間いるだけで、
腕や足、首などにブツブツと痒みを伴った湿疹が出てしまう。
それは紫外線アレルギーかもしれません。

 

湿疹が長びいたり、ひどい痒みなどを伴う場合は皮膚科を受診してください。

 

皮膚科で処方される薬

 

皮膚科では、紫外線アレルギーと診断すると、抗アレルギー薬を処方してくれます。
飲み薬では、ジルテック錠、セレスタミン錠、アレロックなどです。
どれも即効性があり、蕁麻疹などにもよく効きます。

 

他には、リンデロンA軟膏などのステロイド剤や
肌に優しい非ステロイドの塗り薬が処方されます。

 

ただし、皮膚科で処方される薬を使用すれば
皮膚症状は徐々に治まってはいきますが、その場だけだと思ってください。

 

紫外線アレルギーそのものは、
一度発症したらもう治らないものだといわれているのです。

 

そのため、あくまでも抑えるだけで
根本的な紫外線アレルギーの治療にはなっていないということなのです。

スポンサーリンク

薬の副作用

 

紫外線アレルギーの湿疹によく効く薬には副作用もそれなりにあります。

 

飲み薬のアレロックなどは、こどもにも処方されるごく安全な薬ですが、
服用すると眠くなるなどの直接的な副作用がでます。
体質にもよりますが、肝機能が低下することもあるようなので、注意が必要です。

 

塗り薬のステロイド剤が処方された場合は、
長期的には使わないほうが良いと医師からも言われるでしょう。
ステロイド系の塗り薬の長期使用は皮膚を薄くしてしまうという事実もあります。

 

湿疹の特に目立ちやすい顔にはたくさん薬を使いたくなります。
しかし反対にビックリするくらい敏感肌になってしまうので要注意なのです。

 

薬を塗っても一時的な対処療法でしかなく、
根本的には治っていないので毎年湿疹に悩まされることになります。

 

紫外線を浴びないようにするためには、1年中日焼け止めが欠かせずお化粧は必須です。
大きな日傘や長袖は当たり前で、洗濯物を干すのも大変な状況になります。
自分に合ったUVケア製品を知り、上手に紫外線アレルギーと向き合っていきたいですね。

スポンサーリンク