紫外線アレルギーのサングラスとは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーのサングラス」についてお話します。

 

昨今、UVカットに対しての意識が大変高まってきますが、
いろいろなアレルギーが解明されていく中に、

 

「紫外線アレルギー」というものがわかっており、多くの人が
このアレルギーであると診断されています。

 

花粉症ほど話題にはならないのですが、一年を通して起こりうるアレルギー症状に
UVカット商品などもいろいろ登場しています。

 

UVカット商品の種類

 

衣料品ではインナーからストッキングまでいろいろありますね。
手袋や帽子、日傘などもUVカットという表示があるものがあります。
メガネやサングラスもそうです。

 

UVメガネやサングラスの必要性

 

どんなに身体の皮膚を守っても、目から入った紫外線が脳を刺激してメラニン生成し
身体が黒くなってしまいますし、目の病気にもなりますので、
目もしっかりと守らなければならないのです。

 

あまりにも日差しが強くまぶしいときは仕方ないのですが、
できれば色のついていないUVメガネが望ましいのです。

 

人間の目は、暗いところでは瞳孔を開きたくさんの光を取り入れてものを見ます。
紫外線もその時に一緒に入ってくるわけですから、
あまりに濃い色のサングラスの場合は瞳孔が開いてしまうので望ましくありません。

スポンサーリンク

普段でも使えるような色のついていないUVメガネが理想的です。
また、コンタクトレンズなどでもUVカットのものはありますが、
メガネの方が瞼などもカバーできるので便利です。

 

UVメガネ・サングラスの選び方

 

紫外線は反射してどこからでも向かってきます。
それを防ぐためにできるだけ顔との隙間ができないものが好ましいでしょう。
UVカットの商品には波長の長さが記載されているものもあります。

 

380〜400くらいで販売されていることが多いですが、
この数字は光の波長の長さを意味します。

 

例えば、赤外線は625〜740nmですが、
紫外線は380〜430nmなので400いうことは
99%カットできるということなのです。

 

日焼け止めのように、紫外線を跳ね返すことも大切ですが、
紫外線を体内に入れないことはさらに大切です。
目の病気を防ぐことにもなり、本当の意味での紫外線防御と言えるでしょう。

 

これからの時代は大気や太陽の科学的な問題も含め、
紫外線はさらに強くなっていくのです。

 

紫外線から身体をまもる知識をしっかりとつけて
日々の生活を送ることは大変重要になります。

 

屋内での生活が快適になってきている時代ですが、
やはり屋外での活動も楽しいものです。
安心して楽しく過ごしたいものです。

スポンサーリンク