紫外線アレルギーでニキビが出来る理由とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーでニキビが出来る理由」についてお話します。

 

花粉症アレルギー・紫外線アレルギー・日光アレルギーと
近年はアレルギーの話題が多く耳にします。
アレルギーとは、体内の抗体が物質を処理しきれなくなった場合に起きる疾患です。

 

花粉症アレルギーは時期が限られていますが、紫外線や日光は一年中ありますね。
アレルギーの症状も様々であり、皮膚に出る人もいれば、
頭痛や吐き気・嘔吐も起こします。

 

皮膚に現れる症状にしても、腕・足にだけ湿疹ができる人もいれば、
顔だけにできる人などです。
この顔だけにでる湿疹は「ニキビ」と勘違いしてしまいがちです。

 

ニキビは毛穴に脂質や汚れが詰まり
炎症を起こし、皮膚の下に膿を持ちますが、
紫外線アレルギーでは皮膚上にできるのです。

 

そこの違いが大きいので、しっかりと見極めることが大切です。

 

紫外線アレルギーの皮膚疾患の症状

 

紫外線を浴びた後にブツブツと赤い斑点状の湿疹がかゆみを伴ってできたり、
赤く腫れあがり、水泡ができるなどです。
湿疹ができる場所も腕や足だけだったり、顔だけだったりといろいろです。

 

顔だけに出てしまうというのは女性が多いようです。
化粧品に含まれるUVカット剤の紫外線吸収剤のために引き起こされると言えます。

 

紫外線吸収剤がアレルギーを発症させる理由

 

紫外線吸収剤自体が肌へ強い刺激を与えてしまうので、
紫外線で弱っている場合はすぐに症状がでてしまうのです。

スポンサーリンク

そのため、アレルギーを持っている人は吸収剤ではなく
散乱剤の入ったものを使うとよいでしょう。

 

紫外線アレルギーでニキビが出来る理由とは?

 

紫外線吸収剤はファンデーションなどにも配合されておりますから、注意が必要です。
それを知らずに使っていると、ニキビのような湿疹ができるのです。
それを隠そうとしてさらに塗ればいつまでも改善しないことになるのです。

 

紫外線吸収剤と散乱剤の違い

 

紫外線吸収剤

 

皮膚に塗ったローションやゲルなどが、紫外線を吸収して化学反応を起こさせ、
熱を放出するものもあります。

 

肌に感じられる程ではありませんが、
敏感肌の方やアレルギーがあると反応してしまうのです。

 

紫外線散乱剤

 

皮膚に塗ったローションやゲルなどが、
紫外線を反射させる働きをして日焼けを防止します。

 

最近では、吸収剤でも吸収剤の成分をカプセルに閉じ込め
肌に直接触れないように開発されたものも販売しています。

 

このように、紫外線が強くなるのと比例して
日焼け止めやUVカットの商品なども日々進化しているのです。

 

しかし、そのようなグッズにばかり頼ることなく、
規則正しい生活やバランスの取れた栄養摂取を心掛け、
本当の意味での健康を考える時代になってきているのではないでしょうか。

スポンサーリンク