紫外線アレルギーの薬で市販のおすすめとは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの薬で市販のおすすめ」についてお話します。

 

紫外線アレルギーの特徴である、かゆみを伴う湿疹はつらいいものです。
いつでも病院に行ける方はともかく、
仕事などでなかなか病院に行く時間がないなど、人それぞれです。

 

では、紫外線アレルギーアレルギー用の市販薬はどんなものがあるでしょうか?

 

紫外線アレルギーの湿疹に効く薬はどんなものでしょうか?

 

大抵は、抗アレルギー薬の飲み薬・塗り薬などが処方されることが多いでしょう。
ステロイド薬というのを聞いた方も多いでしょう。
アレルギーの治療薬としては、このステロイド薬が処方されるのが、ほとんどです。

 

紫外線アレルギーの症状として、皮膚に炎症を起こし痒みを伴う湿疹、
ブツブツとした赤い湿疹が出てくる人が多いでしょう。

 

病院に行く時間がない等で、市販薬を使うということは仕方ないことですが、
病院の薬はその人に合わせて調合される薬でありますが、

 

市販薬は、標準的症状に合わせて調合されているため、
必ずしも症状の改善に役に立つということにはならず、
使い方によっては悪化させてしまうこともあるのです。

 

ステロイド薬を塗布する場合は、様子を見ながら、少しづつの使用をお勧めします。

 

安心に使える市販にはどんなものがあるのでしょうか?

 

病院からもらった薬で改善されない、などということもあるでしょう。
その場合は、医師に相談する・病院を変えるなどのほうが良いのでしょうが、
それも大変なことですね。

 

取りあえず、市販薬を試したくなるでしょう。
市販薬でステロイドを配合した塗り薬をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

ステロイド剤と抗生物質(ただれや炎症に強い)

 

・フルコートF(田辺三菱製薬)
・ドルマイコーチ軟膏(ゼリア新薬)
・テラ・コートリル軟膏a(ジョンソン&ジョンソン)
・ベトネベートN軟膏(第一三共ヘルスケア)

 

ステロイド剤のみ(かゆみ止め等を含まない)

 

・ロコイダン軟膏(クラシエ)
・リビメックスコーワ軟膏(興和)
・セロナ軟膏(佐藤製薬)
・ロバックHi(武田薬品)

 

ステロイドの薬と言っても様々です

 

ステロイドが入っていれば何でもよいと言うわけではありません。
かゆみ止めの種類も、症状と原因によって薬を選ばなければならないのです。

 

最近はドラッグストアなどでも、薬剤師がいる店舗がありますので、
薬剤師に症状などを話し、選んでもらうのがよいでしょう。

 

紫外線を遮断して、皮膚を守ることが大切になります。
日焼け止めなども効果的で、日焼け止めには紫外線吸収剤が入っているのですが、
その成分が合わないと、悪化することもあります。

 

アレルギーを起こさないようにするには、
紫外線を浴びないことが一番良いわけですが、
生活習慣によって人それぞれですから、最近はUV加工の衣類も増えています。

 

そのようなものを最大限に生かして
紫外線から体を守りましょう。

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリーの記事を読んで
「紫外線アレルギーや光線過敏症の薬関係」について、お勉強しましょうね!

スポンサーリンク

 

紫外線アレルギーの薬で市販のおすすめとは?記事一覧

ここでは、「紫外線アレルギーの治療薬」についてお話します。日本人の多くは日焼けすると、メラニン色素の作用で始めは皮膚が赤くなります。ヒリヒリとした痛みを伴いますが、4〜5日経つ頃には、褐色に変色して定着し、痛みも治まります。しかし、発熱を伴う痛みが続いたり、赤みが引かなかったりするようならば、光線過敏症を疑いましょう。紫外線アレルギーによる光線過敏症である場合、早急に医師の診断を受ける必要がありま...

ここでは、「紫外線アレルギーの症状と薬」についてお話します。紫外線アレルギーというものをご存知ですか?日光アレルギーとも呼ばれ、微弱の紫外線で炎症を起こす病気です。症状は、日光を浴びた皮膚が赤くなったり、湿疹や水ぶくれ、かゆみや浮腫などを生じ、重症になれば日常生活にも支障をきたす場合があります。では、もしも紫外線アレルギーを発症してしまった場合は、いったいどのように対処すれば良いのでしょうか。紫外...

ここでは、「紫外線アレルギーで湿疹の薬」についてお話します。夏の時期に太陽の下にわずかな時間いるだけで、腕や足、首などにブツブツと痒みを伴った湿疹が出てしまう。それは紫外線アレルギーかもしれません。湿疹が長びいたり、ひどい痒みなどを伴う場合は皮膚科を受診してください。皮膚科で処方される薬皮膚科では、紫外線アレルギーと診断すると、抗アレルギー薬を処方してくれます。飲み薬では、ジルテック錠、セレスタミ...

ここでは、「紫外線アレルギーの原因と薬」のことについてお話します。紫外線は、一年中発生しているものです。春頃から強くなり始め、7月頃にピークを迎えます。夏が近づいてきた頃は、本格的に紫外線対策が必要になってきます。紫外線アレルギーの方にはとても厳しい季節です。そもそも紫外線アレルギーは、何が原因で起こる病気なのでしょうか。紫外線アレルギーの原因とは?紫外線アレルギーは、「日光アレルギー」や「日光性...

ここでは、「紫外線アレルギーの塗り薬」についてお話します。季節の中でもっとも強い日差しが照りつける「夏」ですが、そんな夏がやってくると、気になりだしてしまうのが「紫外線」ですよね。天気予報でも紫外線には中止しましょうと言っているぐらいですので、何かしらの影響を及ぼしていることが伝わってきます。さて、紫外線とは具体的にどのような症状をもたらしてしまうのでしょうか?紫外線について今まで紫外線を浴びてい...

ここでは、「紫外線アレルギーの飲み薬」についてお話します。暑い季節がやってくると、どうしても紫外線が気になり始めますよね。最近では、紫外線対策として、いろいろなものが販売されるようになりましたが、特に多くの方に人気の紫外線対策商品が「日焼け止め」です。紫外線が強くなってくる季節がやってきますと、テレビCMで頻繁に放送されるようになります。ですが、そういった紫外線対策を行っていても、紫外線アレルギー...

ここでは、「紫外線アレルギーの飲み薬でおすすめ」についてお話します。紫外線アレルギーは皮膚の疾患が多いので、塗り薬を使うことが多いのですが、水膨れなどで、症状が強く出ている場合は、飲み薬を使います。皮膚科で処方される薬1:塗り薬・リンデロンA(非ステロイド薬・ステロイド薬)2:飲み薬ジルテック錠・セレスタミン錠・アレロック(抗アレルギー薬の飲み薬)このような薬がほとんどです。処方薬でアレルギーは治...

ここでは、「紫外線アレルギーの顔の薬」についてお話します。紫外線アレルギーというのは、夏の強い日差し...つまり紫外線を浴びることで、湿疹や炎症を起こしてしまうアレルギー症状のことです。アレルギーと言ったら、小さい頃からそのアレルゲンを持っていることが一般的ですが、花粉症のように突然アレルギーを発症してしまうことがあるのです。しかもこのアレルギーは、発症してしまうと、なかなか治りにくいと言われてい...

ここでは、「紫外線アレルギーの薬で市販のもの」についてお話します。紫外線アレルギーを発症してしまうと、皮膚に炎症を起こし痒みを引き起こしたり、ブツブツとした赤い湿疹が出てくるのが特徴のアレルギー症状です。他にも、頭痛や吐き気、充血やまぶたの腫れなど、さまざまな症状を引き起こしてしまうのです。まずもっとも症状として多いのが皮膚の炎症による痒みや湿疹です。これらの症状を和らげるためにも、みなさん考える...

ここでは、「紫外線アレルギーの薬の副作用」についてお話します。基本的には、一度紫外線アレルギーを発症してしまうと治りにくいと言われておりますアレルギーの一種ですが、病院で治療する際、一体どのような治療薬を使用しているのでしょうか?紫外線アレルギー治療に使用される一般的な治療薬紫外線アレルギー治療では、主に「飲み薬」と「塗り薬」が使用されます。赤いブツブツとした湿疹や発疹が出てしまった場合には、ステ...

ここでは、「光線過敏症の治療の薬」についてお話します。「日光皮膚炎」は2種類に分けられる日光を浴びることによって、皮膚が赤くなってしまったり、茶色く...いわゆる「日焼け」をしてしまいます。また、日光を浴びることによって、皮膚の炎症を引き起こしてしまう「光線過敏症」の二種類あるのです。どちらも日光に含まれる紫外線を浴びてしまうことにより、引き起こしてしまう症状なのです。光線過敏症〜症状とは?〜薬に...

ここでは、「光線過敏症の治療薬」についてお話します。光線過敏症は突然なってしまう疾患です。原因は花粉症の発症とよく似ており光に当たりすぎて起きるのではないかということですが、原因は解明されていません。また、抗菌薬、降圧薬、血糖降下薬などの薬の作用でも起こります。この場合は、ただの日焼けとは明らかに異なりますので、日光過敏症が疑われる場合は、かかりつけ医や皮膚科の医師に相談しましょう。光線過敏症と診...

ここでは、「モーラステープでの光線過敏症の薬」についてお話します。腰痛などが酷いときに処方されるモーラステープという湿布薬があります。これはケトプロフェンという成分を含み、湿布を貼っている場所、または過去2〜3ヶ月前に貼っていた場所に紫外線が当たると、皮膚炎を起こすことがあります。この皮膚炎は悪化すると全身に症状が広がってしまう恐れもありますから注意が必要です。モーラステープを使用していた箇所に、...

ここでは、「紫外線アレルギーの目薬」についてお話します。夏の定番といったら、海水浴ですよね。特に夏の紫外線は、お肌を刺激してしまいますので、十分な対策が必要なのです。今までなんのアレルギーも発症したことがない方でも、紫外線によって紫外線アレルギーを発症してしまう方も少なくありませんので、早めの対策は欠かせません。まだ春だからと油断している方も、3月あたりから紫外線が出始めてきますんので、紫外線アレ...