紫外線アレルギーが首の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーが首の時」についてお話します。

 

「日光」というと「暖かくやさしい」
そんなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?
しかし、太陽光線というと、また違う感じがしますね。

 

太陽光には熱を感じる赤外線、目に見える可視光線、
何も感じない紫外線の3つがあります。

 

この中の紫外線は波長が短く、強いエネルギーがあるので
物質に化学変化を起こさせやすく、
紫外線でアレルギーを起こすこともあるのです。

 

紫外線アレルギーは突然おきる

 

紫外線を長く浴びることによって引き起こされるといわれています。
紫外線によって「光線過敏症」になり、その光線過敏症という疾患から、
紫外線アレルギーを引き起こしてしまうのです。

 

紫外線アレルギーはある日突然始まります。
人は生まれてから紫外線を浴び続けています。

 

人は抗体をつくっているのですが、
その抗体が制御能力の限界を超えたときに発症するのです。
花粉症と同じ原理ですね。

 

紫外線アレルギーの症状

 

<皮膚>

 

・赤くなる
・湿疹(じんましん、水ぶくれなど)
・腫れる
・かぶれ

 

<目>

 

・目の充血
・ゴロゴロする違和感

 

<全身>

 

・頭痛
・発熱
・吐き気

スポンサーリンク

このような症状を感じたら病院でアレルギー検査をうけることをお勧めします。

 

紫外線アレルギーの処置

 

光を浴びたことで首や腕が赤くなる、ブツブツガできたなどで
病院を受診したばあいは、治療薬として「ステロイド薬」が処方されます。

 

「ステロイド」というと不安になる方もいらっしゃるかもしませんが、
ステロイドは決して怖い薬ではありません。

 

2週間以上で大量の連続使用をしない限りは
副作用の心配はほとんどありません。

 

使用法を守り使用すれば短期間で治療ができます。

 

日常も過ごし方も重要になってきます。

 

例えば、仕事などで屋外に出なければならない方は仕方ないのですが、
できれば、10時から15時までの時間が一番紫外線が多い時間帯なので、
その時間帯の外出は控えるようにしたいものです。

 

屋外に出る場合は、腕や首、顔などは特に光を受けないようにし、
帽子や長袖、帽子、日傘・サングラスなどを着用します。

 

この時の注意点としては、
長袖はUVカット加工が施されたものを着用するとよいです。

 

ポリエステル100%の衣料などは、
特別にUVカット加工をされていなくて、
その生地自体が紫外線を90%以上防ぐことができる繊維です。

 

またサングラスもあまり色の濃くないものを選びましょう。
できれば、UVカット加工の色のついていないメガネが望ましいのです。

 

色が付いていると、目の瞳孔が開いてしまい
紫外線が侵入しやすくなってしまうからです。

 

紫外線アレルギーが首の時とは?

 

首などはポリエステル100%のスカーフなどを巻いていればよいですね。
発症していない方は、発症しないように注意をしてください。
発症してしまった方は、悪化させないように注意しなければなりません。

 

アレルギーはある日突然はじまり、またある日突然治ることもあるのです。
身体を健康に保つことを心掛け、日々の生活習慣を見直してみることもよいでしょう。

スポンサーリンク