紫外線アレルギー検査の費用とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギー検査の費用」についてお話します。

 

3月〜7月が紫外線のもっとも強い時期となりますが、
紫外線対策は十分でしょうか?
日傘・帽子・手袋が必需品となってくる季節です。

 

紫外線アレルギーと言う名前を聞いたことがある方も多いと思いますが、
昔から、太陽の下で過ごしただけで、真っ赤にただれた。
かゆみを伴う湿疹が出た。赤くブツブツができたなど聞いたことはないでしょうか?

 

実は、それが、紫外線アレルギーの症状なのです。
具体的な病名では

 

・日光アレルギー
・日光過敏症
・日光性皮膚炎

 

と呼ばれています

 

紫外線アレルギーは日焼け止めを使って悪化することもありますので、
自分がアレルギーなのかを病院で検査することをお勧めします。

 

紫外線アレルギーの検査はどんなことをするのでしょうか?

 

大学病院や専門医の皮膚科などで
「光線過敏症検査」を受けます。

 

光線過敏症テストとは?

 

検査内容は、UVBやUVAの光線を背中などに直接照射し皮膚の反応をみます。
ここで、UBAとUVBの違いについてお話ししましょう。

 

UVAとは

 

おもな肌への影響はシミ、シワ、たるみ地表に届く全紫外線のうち約95%を占めます。
エネルギーは弱いものの、照射量が多く、
浸透力が高いので肌に与える影響は大きいです。

 

浴びたUVAの20-30%が肌の奥の真皮層にまで達すると考えられています。

 

UVBとは

スポンサーリンク

おもな肌への影響は日焼け・シミ全紫外線の約5%を占めます。
おもに肌の表面で吸収されるため、

 

肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありませんが
UVAより強いエネルギーを持ちます。

 

浴びたUVBは表皮に影響を与え、細胞を損傷して火傷のように赤くなったり
メラニン色素が沈着して褐色になったりでシミやソバカスの原因にもなります。

 

UBAとUVBではこのように違います。 

 

この検査で異常がみられたら、血液検査やパッチテストなどを行い、
下記のような症状が現れた場合は「紫外線アレルギー」と診断されます。

 

一般的に紫外線アレルギーの症状(すべて現れるわけではありません)

 

< 皮膚>
日光を浴びた後に真っ赤にただれた。
かゆみを伴う湿疹、または 赤くブツブツと湿疹が出た。

 

<目>
目の充血・涙がでる?異物感がある。

 

<全身>
頭痛・発熱・吐き気の症状がある。

 

病院を受診した場合、どれか一つでも当てはまれば、
「紫外線アレルギー」と診断されます。

 

紫外線アレルギー検査費用(光線過敏症)

 

紫外線アレルギーの検査は、背中やお腹などに
UVBやUVAの紫外線を照射し皮膚の反応を見る検査や血液検査します。
また、パッチテストなどを行い、検査費用は大体4000円から5000円位になります。

 

検査方法や検査料金は、その時の症状や病院によっても異なる場合がありますので、
気になる方は病院へ足を運ぶ前に確認をとっておくと安心です。

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリーの記事を読んで
「紫外線アレルギーの検査関係」について、お勉強しましょうね!

スポンサーリンク

 

紫外線アレルギー検査の費用とは?記事一覧

ここでは、「紫外線アレルギーの診断方法」についてお話します。外で仕事していた、行楽で外で遊んでいたら腕や首に湿疹ができた。または目が充血した、体調が悪くなったなどの経験はありませんか?もし、そのような症状がありましたら、一度紫外線アレルギーの検査を受けることをお勧めします。紫外線アレルギーは突然発症します。自分は大丈夫などと思わないで、きちんと診断を受けましょう。紫外線アレルギーはどんな症状でしょ...

ここでは、「紫外線アレルギーの検査と病院」についてお話します。みなさんこのような経験をしたことありませんか?今まで直接紫外線をたくさん浴びていても、湿疹が出たり、痒みを伴う炎症を起こしたりなんて一切なかったのに...。このように、いきなり紫外線によるアレルギーを引き起こしてしまう方もいるんです。さて、そのような場合に陥ってしまったとき、どのような治療法があるのでしょうか?まずはじめに、紫外線アレル...

ここでは、「光線過敏症テスト」についてお話します。紫外線アレルギーを発症する方が春先から夏頃までの間に急増しています。紫外線アレルギーによるものかもしれないと思ったら、すぐに皮膚科を受診するようにしましょう。紫外線アレルギーだと思ったら紫外線アレルギーによる症状や原因はさまざまです。一度このアレルギーを発症してしまうと、なかなか治りにくいとされている病気でもあります。発症後は、できるだけ紫外線を浴...

ここでは、「光線過敏症の検査」についてお話します。光線過敏症〜特に青年期に多い光線過敏症〜光線過敏症は、いくつかに分類されます。その中でももっとも発症してしまう方が多いのが、この「光線過敏症」なのです。特に発症しやすいのが、青年期の女性に多く見られます。大体7月から8月に紫外線対策を行い始める方が多いようですが、それは大きな間違いなのです。この光線過敏症は、3月から7月にピークを迎えて発症する方が...