紫外線アレルギーで顔の対策とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーで顔の対策」についてお話します。

 

最近、紫外線アレルギーというものについて、話題に出ることが多くなってきました。
かゆみなどの症状からだけでは見分けが付きにくく、
まだまだ認知度が低いアレルギーです。

 

人によって顔だけに症状が出る場合もありますし、
頭痛や吐き気などのつらい症状があらわれる場合もあります。

 

この紫外線アレルギーについて、
簡単に知っておくだけでも効果的な対策ができますので、
ぜひ参考にして頂きたいと思います。

 

今は症状が出ていなくても、今後の予防も大切ですし、
自分自身だけでなく、子供や家族を守るのに役立つ知識となります。

 

紫外線アレルギーを疑う

 

紫外線アレルギー、または日光アレルギーと呼ばれている症状は、
様々な体調不良となってあらわれます。
紫外線アレルギーであるかどうかを個人ではっきりと特定することはむずかしいです。

 

外出時などに日光を浴びる度、紫外線アレルギーの症状が見られる場合は、
まずは皮膚科の医師に相談することです。

 

それによって、早期に的確な予防や治療ができますから、
必ず診察を受けるようにしましょう。

 

紫外線アレルギーの症状

 

主な症状は、湿疹、かぶれ、かゆみなどです。
しかし、紫外線アレルギーの症状はそれだけではないのです。

 

人によって症状の出方は異なるのですが、目が赤くなったり、涙がでたり、
いつも目がごろごろするような異物感を感じます。

スポンサーリンク

または、頭痛や発熱、吐き気がする場合もあります。安易に風邪だと判断してしまうと、
紫外線アレルギーに対する治療が
遅れてしまいますから、素人判断はしないようにしましょう。

 

紫外線アレルギーで顔の対策とは?

 

紫外線をなるべく浴びないようにする対応が必要です。
まず外出する時には、顔に日焼け止めを忘れずにしっかり塗るようにしましょう。
いつもバックに忍ばせておくのもいいですね。

 

また、紫外線を直接浴びないように、UVカット加工の施された袖の長いシャツを着たり、
顔を紫外線から隠す帽子をかぶったりするのもいいでしょう。

 

女性ならば、おしゃれな日傘もありますので、それを大いに利用してください。
UVカットサングラスなども販売されており、顔や眼を保護できます。
このように、紫外線防止グッズというのはいろいろありますので、ぜひ活用しましょう。

 

症状を抑える方法

 

まずは皮膚科に相談するのが先決です。
特にかゆみがある場合、どうしても掻きたくなってしまいますよね。

 

掻いているうちに、皮膚に傷をつけてしまったり、水泡が壊れてとびひのようになり、
さらにかゆみが悪化することもあります。
そんな時は医師が薬を処方してくれるので集中的に、効果的に使いましょう。

 

症状が重くなると、ステロイド系の飲み薬と塗り薬を処方されます。
軽い場合は非ステロイド系の薬を使うことになります。

 

ただし、これらはあくまでも一時的な対処方法です。
再び強い紫外線を浴びてしまえば、また同じようにアレルギー反応が出ます。
ステロイド系の薬は効きますが、使い続けていると、副作用も心配になってきますよね。

 

なるべく薬を使わず症状が抑えられるように、
ちょっとした習慣で予防できることがありますので、
日頃から意識しておくことが大切です。

スポンサーリンク