紫外線アレルギーで顔の日焼け止めとは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーで顔の日焼け止め」についてお話します。

 

紫外線アレルギーの症状を抑えるには、
日焼け止めを上手に使うことが大切になってきます。

 

そんな日焼け止めも、使い方を間違えると反対に
肌へのダメージを与えてしまうので注意が必要です。

 

春から夏にかけての紫外線は結構強いです。
6月頃には、急に夏日になったりする時期で、紫外線も強くなります。

 

紫外線アレルギーは、太陽の日差しを浴びるとあらわれる肌の症状で、
特に大人の女性に多いのが、顔に湿疹が出る症状です。

 

子どもの頃から特に肌が弱かったわけでもなかったのが、
30代を過ぎた頃から紫外線を浴びると湿疹やかゆみを感じるのです。
これはどうやら、「大人の女性」「顔だけに出る」というところがポイントのようです。

 

日焼け止めクリーム選びは気を付けよう

 

紫外線アレルギーは、紫外線に体内の何かが反応して起きる光線過敏症です。
大人の女性の顔に症状が出ることが多い紫外線アレルギーということは、
原因は化粧品かもしれません。

 

特に、紫外線吸収剤入りの日焼け止めが疑わしいです。
日焼けを防ぐことで、湿疹を減らしたいという思いで
SPF数値が強めの日焼け止めを使っていたのが原因だったようなのです。

スポンサーリンク

さらに、肌をカバーするつもりで厚く塗ったファンデーションも、
逆にアレルギー反応を起こしてしまっていたようです。

 

紫外線拡散剤入りの日焼け止めを使おう

 

紫外線アレルギーを予防するためには、SPF30が以下のものを選びましょう。
さらに、肌への負担が大きい紫外線吸収剤入りではなく、
紫外線拡散剤入りの日焼け止めを使用しましょう。

 

一番の紫外線アレルギー予防法は、やはり太陽の日差しを直接浴びないことです。
UVカット加工の施された、日傘やパーカーなどを着用し、
紫外線を避けましょう。

 

目元の皮膚を保護するためには、サングラスなども有効です。
強い紫外線を浴びてしまったら、すぐに肌を冷やすなど、
日焼けの要領でケアをしておくことが大切です。

 

顔にアレルギーが出やすい体質の場合、
体温が上昇したり汗をかいたりするだけで
赤味や痒みが強くなりますので注意が必要です。

 

一度発症すると、アレルギー体質というものは完治するまでに期間かかります。
なるべく予防をしっかりすることが大切ですね。

スポンサーリンク