紫外線アレルギーは冬は大丈夫なの?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーは冬は大丈夫なのか」についてお話します。

 

紫外線アレルギーとは、いわゆる日光アレルギーのことで、光線過敏症とも呼ばれます。
太陽の光にあたった部分に赤い発疹や水疱ができたり、
蕁麻疹ができたりする症状があらわれます。

 

薬剤性の紫外線アレルギー

 

ある特定の薬を飲んだ後に紫外線に当たると、
肌が日焼けのようなひどい炎症をおこすアレルギーです。

 

モーラステープによるものや抗ヒスタミン剤、
ある種の消炎鎮痛剤などが原因でおこるといわれています。
また、香水やファンデーションなどから起こるケースも報告されています。

 

顔など特定の箇所にでる紫外線アレルギー

 

顔や手、首などの普段から洋服だけでは隠せない部分に
日光があたると湿疹、かゆみが出るものです。
10代〜30代の女性に多い症状です。

 

日光が原因のアレルギーであると考えにくい症状ですので、
本人が自覚していないケースも多いと言われています。
この症状の特徴は、夏に悪化して、冬に軽くなるということです。

スポンサーリンク

紫外線アレルギーでない場合は、適度に日光に当たるのが理想的

 

今の世の中では、美白が重要視されていますね。
日焼けをしたくないから夏場はスポーツをしない、なんて女性も増えてきています。
これはあまり賛成できるものではありません。

 

日焼け止めやUV対策のできる基礎化粧品、UVカット加工の衣類や帽子などで
紫外線はいくらでも防げます。
あまり神経質にはなりすぎず、適度に日光は浴びたほうが良いでしょう。

 

紫外線の強さは、季節や時間帯によって変化するものです。
日本では春から夏にかけて、もっとも紫外線の強い季節になります。
一日のうちでは正午頃でしょう。

 

また、山など標高の高いところは、やはり紫外線が強いです。
雪や砂は紫外線を強く反射しますから、冬でもかなり日焼けをします。

 

強い弱いはありますが、紫外線自体は季節に関わらず一年中、
オールシーズン降り注いでいます。

 

特にUVAはUVBと比較しても冬でもかなり照射していますから、
季節に限らず冬でもきちんとした紫外線対策を行いましょう。

スポンサーリンク