紫外線アレルギーで吐き気がする時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーで吐き気がする時」についてお話します。

 

暖かい季節になってくると、紫外線が気になりますよね。
もしも紫外線アレルギーの場合、外から帰って気づいたら、
なんだか顔や腕などあちこちに蕁麻疹の様に湿疹が出来ていることも。

 

痒いですし、酷いときには頭痛や吐き気を伴うこともあります。

 

紫外線アレルギーについて

 

紫外線アレルギーは、日光過敏症や日光性皮膚炎などとも呼ばれています。
紫外線アレルギーの症状は、紫外線を浴びると肌に異変がおきます。
湿疹やかぶれをおこし、皮膚全体が赤く腫れたりもします。

 

さらに浮腫などもあらわれるのが、一般的な紫外線アレルギーの症状です。
さらにもっと酷くなると、皮膚症状以外もあらわれます。
目の充血や頭痛、吐き気などを伴ってしまい、とてもつらいです。

 

紫外線アレルギーの検査方法

 

皮膚科専門医・大学病院などの皮膚科やアレルギー科で、光線過敏症テストを行います。
日光にあたった外出後などにに症状が出て、
そのまま受診した場合は大抵、紫外線アレルギーと診断されることが多いです。

スポンサーリンク

紫外線アレルギーの対策と治療法

 

アレルギー性の病に効果のある飲み薬や
ステロイド配合の塗り薬での治療や、食事療法などがあります。

 

副作用の強さからステロイドの長期に渡る使用は、
お医者様からもあまり推奨されてはいません。

 

紫外線アレルギーは一度発症すると、治りにくいとされていますから、
薬ばかりに頼るよりも紫外線対策が大切になってきます。

 

皮膚の露出を少なくする為、UVカットされている服や手袋、帽子、
日傘をさすなど使用し、出来る限り日光に当たらない様にします。

 

日焼け止めクリームについては、「紫外線吸収剤」と
「紫外線散乱剤」が配合されているものがあります。

 

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収しエネルギーに変えて放出するという働きがあり、
紫外線防止の効果がより高いとされています。

 

しかし、吸収剤は化学反応で皮膚への浸透を防ぐので、
肌が弱い方には不向きなのがデメリットですね。
正しい知識を身につけ、しっかりと紫外線予防をしていきましょう!

スポンサーリンク