紫外線アレルギーの病院で東京の名医とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの病院で東京の名医」についてお話します。

 

3月〜7月にかけて紫外線が強くなる季節、
この時期に紫外線アレルギー症状が強くなりやすい季節です。
紫外線アレルギーは、花粉症と同じく、ある日突然発症したりします。

 

症状としては、湿疹や痒みなどが多いでしょう。
中には頭痛や吐き気などの症状が出る場合もあります。

 

紫外線アレルギーは、突然発症したり、治ったりするために症状の治療だけでは、
なかなか改善することは難しくなります。

 

湿疹やかゆみなどは様々な原因で発症するため、
紫外線以外のものもかんがえられますが、

 

紫外線を浴びて湿疹が出やすいというのであれば
紫外線アレルギーを疑うことになるでしょう。
そのため、皮膚科でのアレルギー検査をすることが大切です。

 

紫外線アレルギー治療の東京での名医

 

<千代田区>東京逓信病院
江藤隆史 医師(院長補佐)

 

アトピー性皮膚炎や、乾癬のスペシャリストとして有名です。
患者に対しての細やかな説明と対応は評価も高く、
またアトピー教室なども行っております。

 

2004年から光線療法の設備、ナローバンドUVBを導入し、治療を行っており、
また乾癬に対しては、生物学的製剤の使用が2010年に認可され、
積極的に活用しているところなど、今後の躍進も期待できるでしょう。

 

<新宿区>東京女子医科大学病院
川島 眞 医師(主任教授)

 

患者と真摯に向き合い、幅広い領域で常に新しい知識の取得と技術の向上に向けて
努力を続けている姿勢は高い評価をうけています。

スポンサーリンク

高い診断能力と患者の立場に立った最良・最善の診療と治療は
大学病院らしいと言えます。

 

<大田区>希望が丘すずらん皮膚科クリニック
堺 則康 医師(開業医)

 

遺伝性の皮膚病の専門家。光線療法も行っており、UVA(PUVA)、
ナローバンドUVBの2タイプの紫外線療法が行えます。

 

民間であるため、地域に根づいた医療とも言えますが、
その知識と技術はすばらしいと思われます。

 

皮膚科を選ぶ時の注意

 

主にアトピー専門医が多い中で、アレルギー治療を行っている病院を
選ぶ事が大切になってきますので、皮膚科と一言で言っても、
アレルギー治療に力を入れている病院を探すのは簡単ではありません。

 

皮膚の疾患のみを治療するのではなく、その原因をしっかりと
見極めてくださる医師をさがすことが望ましくなるということですね。
会話をきちんとできるお医者さんは安心できますよね。

 

セカンドオピニオンなども最近はありますので、
自分に合った病院を徹底的に探す気持ちで向き合ったほうが良いでしょう。

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリーの記事を読んで
「紫外線アレルギーや光線過敏症の病院関係」について、お勉強しましょうね!

スポンサーリンク

 

紫外線アレルギーの病院で東京の名医とは?記事一覧

ここでは、「光線過敏症で病院は何科なのか?」についてお話します。暑い夏の季節になると紫外線が気になりますよね。でも実は暑い季節が訪れる前の春頃から紫外線は強くなってくるのです。ですから春頃からしっかり紫外線対策を行わなくてはならないのです。さて、ここでは紫外線による異常な皮膚症状についてお話していきます。「光線過敏症」について光線過敏症とは、普通の人では何の問題もない紫外線などの光線を浴びることで...

ここでは、「光線過敏症テストで東京の病院と名医」についてお話します。春から夏まで季節には、光線過敏症を発症する人が急増します。紫外線を浴びてから湿疹や発疹、それから頭痛や嘔吐、めまいなどの症状があらわれた場合は、紫外線アレルギーによるものかもしれません。すぐに皮膚科を受診しましょう。皮膚科を選ぶ際のポイント何よりも大事のは、アトピー専門医が多い皮膚科の中でも、アレルギー治療に力を入れている病院を選...

ここでは、「紫外線アレルギーの病院で大阪の名医」についてお話します。春が来て暖かくなってくると、薄着で外出する機会が多くなりますよね?日焼けやシミの原因となることで知られる紫外線ですが、この時期に外出されている人を見ると、まだ紫外線対策はしていません。紫外線は夏が強いイメージがありますが、本当に注意が必要なのはこの時期からなのです。この季節に腕などに湿疹ができたり、赤くはれたりしていませんか?もし...