紫外線アレルギーの病院で大阪の名医とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの病院で大阪の名医」についてお話します。

 

春が来て暖かくなってくると、薄着で外出する機会が多くなりますよね?
日焼けやシミの原因となることで知られる紫外線ですが、
この時期に外出されている人を見ると、まだ紫外線対策はしていません。

 

紫外線は夏が強いイメージがありますが、
本当に注意が必要なのはこの時期からなのです。
この季節に腕などに湿疹ができたり、赤くはれたりしていませんか?

 

もしそうであれば、それは「紫外線アレルギー」かもしれません。

 

紫外線アレルギーとは

 

紫外線アレルギーですが、花粉症などと同じようにある日、
急に発症する可能性がある病気です。

 

このアレルギーは一度発症してしまうと治りにくい人が多いようです。
皮膚科を受診するようにしましょう。

 

皮膚科を選ぶポイント

 

アトピー専門医が多い皮膚科ですが、
アレルギー治療に特に力を入れている病院を選ぶ事が大切です。

 

皮膚疾患だけを治療するのではなく、
その原因をしっかりと見つけてくれる医師を選びましょう。

 

最近ではセカンドオピニオンなどもありますので、
自分の症状に合った病院を徹底的に探す気持ちで病気と向き合っていきましょう。

 

光線過敏症テスト

 

紫外線による皮膚症状がでた場合に皮膚科を受診すると、
まずはじめにアレルギー検査を行います。

スポンサーリンク

紫外線アレルギーを検査するための検査は、
光線過敏症テストというものからはじめられます。

 

光線過敏症テストの検査内容は、まずは特殊な紫外線と同じ性質の光線を背中や腕、
お腹などに一定時間照射します。
その検査で異常がみられた場合は、血液検査やパッチテストなどに進みます。

 

何のアレルギーによるものなのか、
段階を踏んで正しい検査結果を出すためです。

 

光線過敏症テストを行ってくれる大阪の名医

 

【大阪府羽曳野市】大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター
 皮膚科主任部長の片岡葉子医師。

 

アレルギー疾患に対し、最新の知見を取り入れ、最適な医療を提供しています。
さらに安心で頼りがいのある、府民のための医療機関を目指しており、
誠意と温かみのある、やさしい看護を実践しています。

 

アトピー性皮膚炎を患う人々が、年間でおよそ3500人程訪れるという、
全国有数のアレルギー専門施設です。
皮膚科主任部長の片岡葉子先生は、アトピー治療の名医として知られています

 

【大阪市淀川区】大阪回生病院 加藤 敦子医師。

 

アトピー治療で評価の高い病院です。漢方を含めた内服外用治療に加えて、
最新の半導体レーザー治療を行っています。

 

また重症例に対しては入院のうえの加療を行っており、
またナローバンドUVB照射療法も行っています。

 

紫外線アレルギーによる症状や原因は様々です。
一度発症してしまうと、なかなか治りにくい病気でもあります。

 

信頼できる医師の指示を守り、
できるだけ紫外線を浴びないように対策をとって行動しましょう。

スポンサーリンク