紫外線アレルギーの帽子とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの帽子」についてお話します。

 

紫外線が多くなる時期になると、やはり帽子をかぶっている人が多いですね。
しかし、帽子は、冬は寒さをしのぐためにも被りますし、
雪や雨を凌ぐための帽子もあります。

 

帽子も目的によって形が変わってきます。
特に紫外線にアレルギーある人にとっては帽子はとても重要になってきます。
最近はUVカットの帽子も増えています。

 

紫外線量が一番多い時期

 

紫外線のピークは春から夏にかけての時期が一番多くなり、
特に午前10時から午後の3時頃までが最も多いのです。

 

人間もこの時間帯が一番活発に活動する時間帯でもありますので
外出の時には注意が必要ですね。

 

紫外線から身を守る帽子

 

紫外線は日焼け止めなどを塗っても、目から侵入し、脳に刺激を与えて、
メラニンを生成し、体全体が黒くなってしまうのです。
その紫外線を目に入れないためには帽子とサングラスなどが有効です。

 

サングラスだけなどよりも、さらに帽子を被った方が効果はあがります。
帽子はつばの大きいものでできるだけ顔をガードできるものがベストでしょう。

 

昔の洋画に出てくる中世のの女性のように、つばの大きな帽子をかぶり、
帽子の上からスカーフのようなもので覆い、あごの下で縛るというような形でしたら
いうことなしですね。

スポンサーリンク

サングラスと帽子が理想的

 

サングラスなどだけでは隙間から紫外線が入り込みますが、帽子は上からの紫外線を
跳ね返してくれるのです。
色によっても紫外線量を減らせます。

 

白よりは紺や黒の方が紫外線量を少なくすることができます。
これは紫外線の透過率によるものです。

 

昔は黒は光を吸収するといわれましたが、
紫外線に関しての透過率は黒の方が少ないのです。
帽子の形によっては横からの紫外線もシャットアウトしてくれるでしょう。

 

サングラスも隙間のない顔にフィットしたものを使うようにするとさらに効果的です。
またサングラスの色などもあまり濃い色は瞳孔を開かせるので薄い色のものか、
UVカットメガネのように紫外線のみを防ぐものなどもよいです。

 

UVカットの帽子

 

UVカットの帽子もデザインが豊富でサイズが調節できる
ワイヤー帽子、フェイスガードが付いたものなど

 

種類も大変増えてきましたので、おしゃれを楽しみながら、
紫外線もシャットアウトできるとうれしいですね。

スポンサーリンク