紫外線アレルギーは治るの?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーは治るのか」についてお話します。

 

紫外線アレルギーという言葉を聞いたことがある方も増えたと思います。
ここ何年かでかなり広まってきていると言っていいです。
20年以上前から、赤ちゃんの日光浴をしないようにと育児の方で言われ始めました。

 

日光浴がカルシウムの吸収を高めると言っていた時代は
もう、遠い昔の話になってしまったのです。
紫外線は年々、危険度を増しているとも言えます。

 

紫外線アレルギーはどんなものでしょう?

 

紫外線を浴びることによって、皮膚に湿疹がでたり、赤く腫れたり、水疱や膿ができる。
または、目の充血や異物感、頭痛や吐き気などを引き起こします。
遺伝や薬剤でも起きますが、大抵は、花粉症と同じで、ある日突然発症するのです。

 

発症してしまった場合の治療法

 

皮膚の疾患の場合は「ステロイド薬」を使っての治療になります。
膿を持ってしまった状態であれば、抗生物質やを使わなければならなくなりますが
あまり酷くなければ日に当てないように注意しながら治療することにより早く治せます。

 

紫外線アレルギーは治るのでしょうか?

 

紫外線アレルギーは完全に治るとは、言い切れません。
症状は緩和できますが、一度発症してしまうと紫外線を浴びるたびに、
何らかの症状は現れてしまいます。

 

免疫をあげることで発症を防ぐことはできるでしょう。

スポンサーリンク

免疫力をあげるにはどうしたらよいでしょうか?

 

免疫力を上げるということは日々の生活を見直すことが大切になります。
食生活からはじまり、規則正しい生活リズムなどです。
不規則な生活は、本人が気が付かないまでも、かなりのストレスになるのです。

 

自律神経への影響も大きく、免疫力も低下してしまうのです。
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスが大変重要です。

 

交感神経は目覚めているときに働く神経であり、
副交感神経は就寝中や食後に働く神経です
昼夜のバランスが非常に大切であるということですね。

 

病院でよくわからない症状があると
「自律神経失調症」との診断が多いのですが、あまりにも曖昧です。

 

近年はアレルギーというものが大変多くなってきており、
「◯◯アレルギー」や「◯◯症候群」と言われることが多くなってきています。

 

それだけ、研究が進んでいるということなのですが、
完治させるためには、個々の免疫力を上げなければならないということです。

 

免疫力を上げるサプリなども多数紹介されている昨今ですが、
いくら飲んでいても、根本的な生活リズムなどが崩れていれば
何の役にも立たないでしょう。

 

規則正しい生活・食事をしてサプリを飲むなどの努力が必要なのです。
生活リズムを見直して免疫力を上げて健康にすごしましょう。

スポンサーリンク