紫外線アレルギーの塗り薬とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの塗り薬」についてお話します。

 

季節の中でもっとも強い日差しが照りつける「夏」ですが、
そんな夏がやってくると、気になりだしてしまうのが「紫外線」ですよね。

 

天気予報でも紫外線には中止しましょうと言っているぐらいですので、
何かしらの影響を及ぼしていることが伝わってきます。
さて、紫外線とは具体的にどのような症状をもたらしてしまうのでしょうか?

 

紫外線について

 

今まで紫外線を浴びていてもなんの症状も出なかったのに、
いきなり湿疹や痒みを伴う炎症などを起こしているではないですか。
このようにアレルギー体質ではなかった人も、
急に紫外線アレルギーを発症してしまうケースもあるのです。

 

症状がひどい場合ですと、頭痛やめまい、
吐き気や嘔吐といった症状も出てきますので、
油断はできないアレルギーなのです。

 

病院で処方される紫外線アレルギーの治療薬とは?

 

紫外線アレルギーの症状がいつまでたっても治まらない場合は、
市販で販売されている薬を使用するよりも、
皮膚科を受診されたほうが効果的です。

スポンサーリンク

抗アレルギー薬の飲み薬や塗り薬などを処方されることが多いです。
(抗アレルギー薬とは、アレルギー症状を抑える働きをする薬のことです。)

 

ただし、皮膚科で処方された薬を使用すると、
一時的に症状は治まりますが、紫外線アレルギーは一度発症してしまうと、
なかなか完治しにくいアレルギーですので、注意してください。

 

大抵の場合ですと、「ステロイド」という強い薬を処方されることが
多いですが、下記のような副作用があることは覚悟の上ですね。

 

実は恐ろしいステロイド剤による副作用

 

「ステロイド」は、アレルギー治療薬の中でも強い薬です。
強い薬なだけでに、症状が治まるまでそこまで時間はかかりませんが、
副作用を伴うケースが多いんです。

 

その副作用とは、病状を悪化させてしまうことがあります。
例えばブツブツとした湿疹が出てしまった場合ですと、
ステロイドの塗り薬を塗ることにより、
湿疹が増えてしまうことがあるのです。

 

副作用を少しでも防ぐためには、塗り薬の場合、
少量ずつ塗ってあげることです。

スポンサーリンク