モーラスで光線過敏症の治療とは?

スポンサーリンク

ここでは、「モーラスで光線過敏症の治療」についてお話します。

 

整形外科や皮膚科などでよく処方される
湿布薬として用いられているモーラステープ。
とても効き目が良いと評判なんですが、
実はあまり知られていない恐ろしい副作用があるのです。

 

みなさん知らない方が多いので、腰痛や肩こりなど
いろいろな箇所に好きなだけ貼ってしまい、
知らず知らずのうちに副作用を伴っていることになってしまうのです。

 

ですからしっかりモーラステープの知識を学んでいただき、
使用時や使用後は十分な注意が必要ですね。

 

モーラステープとは?

 

さて、モーラステープとは一体具体的にどういったものなのでしょうか?
ドラッグストアや薬も販売しているスーパーなどには、
このモーラステープは販売されていません。

 

皮膚科や整形外科などを受診して、医師の適切な
診断を受けてから処方される湿布薬のことです。

 

とても効き目が良いとされている湿布薬ですが、
副作用などを引き起こしやすい湿布薬ですので、
医師の適切な診断と注意を守らなくてはなりません。
効き目が強い薬ほど副作用が恐ろしいものはありませんからね...。

スポンサーリンク

モーラステープ使用で光線過敏症を引き起こす?

 

その副作用でもっともポピュラーなのが「光線過敏症」です。
(「光線過敏症」とは、紫外線を直接肌に当たった箇所
がかぶれてしまう現象のことを言います。)

 

光線過敏症を引き起こしてしまうと、紫外線を少しでも
浴びてしまうとすぐにかぶれてしまうのです。
それがたとえモーラステープを使用した後でさえも、
紫外線を浴びることでかぶれることがあるのです。

 

かぶれを防ぐためにも、モーラステープを使用していた箇所を
できるだけ衣類やサポーターなどで隠すようにしてください。
必ずしも使用時にこの「光線過敏症」を引き起こすわけではありません。

 

使用した後、急に発症することもありますので、1年後、2年後...
と時間が経ってから発症してしまうこともあるのです。

 

数年経ってから発症してしまっても、
モーラステープを貼っていたところだけがかぶれてしまいますので、
クッキリと四角いテープの痕が残ってしまうことにより、
医師に相談するとすぐにわかってもらえる症状でもあります。

 

かぶれてしまった場合は、自己判断の元、勝手な治療を行わず、
できるだけ早く医師に相談しましょう。

スポンサーリンク