紫外線アレルギーが目の周りの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーが目の周りの時」についてお話します。

 

毎年8月は一年でもっとも暑い季節ですね。
それと同時に嫌気を指してしまうのが、「紫外線」ですね。

 

紫外線が強くなってしまうこの季節に欠かせないのが、紫外線対策なのですが、
みなさんは、どこまで紫外線対策を行っていますでしょうか?
また、どのような対策を行っていますでしょうか?

 

こんなところも紫外線対策を忘れないで

 

みなさんは、紫外線対策を行う箇所と言ったら、どの箇所を思い浮かべますか?
大体の方々は、顔周りや腕、首筋や足などの衣類から
さらされている箇所を思い浮かべますが、
何か大事な箇所を忘れてはいませんか?

 

それは「目の周り」です。

 

目の周りだけでなく、もちろん目の紫外線対策も忘れてはいけません。
目の周りといったら、「まぶた」ですね。

 

このまぶたも皮膚によって覆われておりますので、
しっかり紫外線対策を行っていないと、
顔周りや腕、首筋に出る症状と同じような
湿疹や発疹といった症状が出てしまうのです。

スポンサーリンク

まして、まぶたの場合ですと、紫外線アレルギーによる症状の一つ、
発疹などの痒みによって掻いてしまうことで、どんどん腫れ上がってしまうのです。
また、目の場合ですと、紫外線を浴びすぎてしまうと
眼球に影響を及ぼしてしまうのです。

 

例えば、白目の部分が黒目の部分にまで侵入してきてしまう病気があります。
他にも「白内障」を引き起こしてしまい、
目が見えなくなってしまうこともありますので、
十分に気をつけなければならないものなのです。

 

目の周りの紫外線対策ってどんなものがあるの?

 

眼球の紫外線対策の場合ですと、もっとも効果的なのは「目薬」です。
ここ最近では、紫外線対策のための目薬も薬局やドラッグストアなどでも
販売されるようになりましたので、ご利用される方は、
早めの対策を行うようにしましょう。

 

続いて目の周りで「まぶた」についての対策ですが、
こちらは日焼けどめクリームや日傘や帽子などですね。

 

女性の場合ですと、日焼けどめクリームの他に、
化粧下地や紫外線対策用にも効果的なファンデーションも
ありますので、そちらを使用しながら日傘や帽子で紫外線対策を行うのも
良いかもしれませんね。

スポンサーリンク