ロキソニンテープの副作用で光線過敏症とは?

スポンサーリンク

ここでは、「ロキソニンテープの副作用で光線過敏症」についてお話します。

 

みなさん、「光線過敏症」というものをご存知でしょうか?
光線過敏症とは、一般の方が日光を浴びても何も感じないことでも、
光線過敏症というアレルギーを持っている方の場合、
そのアレルギー症状を引き起こしてしまうものなのです。

 

このアレルギーは、紫外線アレルギーの症状と似ていますが、原因が少し違うのです。

 

光線過敏症の原因

 

紫外線アレルギーの場合ですと、小さい頃から紫外線を浴びすぎていて、
カラダが異常に反応してしまうことで、
ある特定の方々が発症してしまうアレルギーです。

 

このアレルギーの原因は主に、紫外線に対する抵抗する力が最大限に溜まってしまって、
カラダがそれに耐え切れなくなってしまうからなのです。

 

それに比べて光線過敏症の原因ですが、
紫外線によるものだということには変わりはありません。

 

どちらも紫外線を浴びてしまうことによってアレルギーと
同じような症状を引き起こすのです。
主な原因は、薬による副作用です。

スポンサーリンク

ロキソニンテープによる副作用

 

光線過敏症は、アレルギーにとは全く関係のない薬によっても
アレルギーを発症してしまう原因となってしまうことがあるのです。
今まで何年も普通に服用してきた持病を治す薬でも発症してしまうことがあるのです。

 

みなさんアレルギーを発症してしまうのは、
飲み薬だけだと思っている方が多いと思いますが、
これは実は大きな間違いなのです。

 

飲み薬も当然そうですが、塗り薬や湿布などによってもアレルギー反応を
起こす方がいるのです。
例えばロキソニンテープいうものがありますよね。
これはみなさんも割と多くの方々が使用していますね。

 

ロキソニンテープとは、湿布と同様、痛みの感じる箇所に貼って
痛みを和らげるものになっております。
ロキソニンというタンゴだけ聞いてもらえればわかりやすいと思いますが、
ロキソニンは飲み薬としても有名ですね。

 

痛みを和らげるためにはもってこいの薬なのですが、
これはとても強く効く薬ですので、副作用が伴うケースも多いのです。
飲み薬に限らずこれはロキソニンテープも同様で、副作用を伴うことがあります。

 

この副作用で湿疹や発疹などの皮膚症状を引き起こすことがほとんどなのですが、
ひどい場合ですと吐き気や頭痛などの症状を引き起こすこともあるので、
医師との十分な相談も必要ですね。

スポンサーリンク