紫外線アレルギーの薬の副作用とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの薬の副作用」についてお話します。

 

基本的には、一度紫外線アレルギーを発症してしまうと治りにくいと
言われておりますアレルギーの一種ですが、
病院で治療する際、一体どのような治療薬を使用しているのでしょうか?

 

紫外線アレルギー治療に使用される一般的な治療薬

 

紫外線アレルギー治療では、主に「飲み薬」と「塗り薬」が使用されます。
赤いブツブツとした湿疹や発疹が出てしまった場合には、
ステロイド剤が配合された塗り薬を使用することがほとんどです。

 

また、痒みを伴う場合には、痒み止めをメインとした
抗ヒスタミン剤が配合されている塗り薬を使用します。
飲み薬タイプの場合ですと、抗アレルギー薬を使用します。
塗り薬以外の飲み薬に使用する薬剤は、漢方を使用することが多いです。

 

紫外線アレルギー治療に使用する治療薬の副作用について

 

紫外線アレルギーは、日光を浴びてしまうと
発症してしまうアレルギーの一つです。
発症してしまう原因や症状もさまざまで、
ホルモンバランスが崩れてしまうことでも発症してしまうケースもあります。

スポンサーリンク

一般的な風邪などの場合、私たちは病院を受診して薬を処方してもらいます。
その服用している薬の中に含まれる成分によっても紫外線反応が出てしまい、
アレルギー症状を引き起こしてしまうこともあるのです。

 

紫外線アレルギーを発症してしまう可能性がもっとも高い薬剤は、
抗てんがん剤のテグレトールや抗ヒステミン剤などです。

 

他にも、可能性は低いですが、ニューキロン系抗菌剤でも
紫外線アレルギーを発症してしまうこともあります。

 

また、上記のような薬だけに限らず、光毒性を含む食品などによっても
紫外線アレルギー発症を高めてしまいます。
ですので、外出する前にアレルギー反応を起こすであろう
食品を食べることは控えましょう。

 

紫外線アレルギー治療

 

紫外線アレルギーを完治させることは難しいですが、
少しでも症状を和らげる方法として、食事療法というものがあります。
ビタミンB群やビタミンCなどの栄養を
普段の食事に取り入れることで良い効果をもたらします。

 

また塗り薬で処方される「ステロイド剤」は
非常に効果が高いのですが、「強い薬」なので
紫外線アレルギーが悪化してしまうという「副作用」も
ありますので、充分な注意が必要です。

スポンサーリンク