光線過敏症テストで東京の病院と名医とは?

スポンサーリンク

ここでは、「光線過敏症テストで東京の病院と名医」についてお話します。

 

春から夏まで季節には、光線過敏症を発症する人が急増します。
紫外線を浴びてから湿疹や発疹、それから頭痛や嘔吐、
めまいなどの症状があらわれた場合は、紫外線アレルギーによるものかもしれません。

 

すぐに皮膚科を受診しましょう。

 

皮膚科を選ぶ際のポイント

 

何よりも大事のは、アトピー専門医が多い皮膚科の中でも、
アレルギー治療に力を入れている病院を選ぶ事です。

 

表面上の皮膚疾患だけを治療するのではなく、
その原因をしっかりと見つけてくれる医師を探すことが大切になってきます。
きちんと会話もできる医者は信頼できますよね。

 

最近ではセカンドオピニオンなどもありますので、
自分の症状に合った病院を徹底的に探す気持ちをもって向き合っていきましょう。

 

アレルギー検査

 

皮膚科を受診すると、紫外線によるアレルギー反応だろうという疑いから、
まずはじめにアレルギー検査を行います。

 

紫外線アレルギーを検査するために用いられる検査方法は、
光線過敏症テストというものからはじめられます。

 

光線過敏症テストの検査内容としては、
まずは特殊な紫外線と同じ光線を背中やお腹などに照射します。
検査結果で異常がみられた場合は、血液検査やパッチテストなども行います。

スポンサーリンク

本当にアレルギーによるものなのか、
段階を踏んで正しい検査結果を出すのです。

 

光線過敏症テストを行ってくれる名医

 

東京都大田区「希望が丘すずらん皮膚科クリニック」の堺則康医師(開業医)。
遺伝性の皮膚病の専門家です。

 

光線療法も行っており、UVA(PUVA)、
ナローバンドUVBの2タイプの紫外線療法が行えます。
民間であるため、地域に根づいた医療とも言えます。

 

その知識と技術はすばらしいと評判です。

 

東京都千代田区「東京逓信病院」江藤隆史医師(院長補佐)。
アトピー性皮膚炎のスペシャリストとして有名な医師です。

 

患者に対しての細やかな対応も評価が高く、アトピー教室なども行っています。
また、2004年からは光線療法の設備であるナローバンドUVBを導入し、
治療を行っています。

 

2010年に使用が認可された生物学的製剤を積極的に活用しているところなど、
今後の躍進も期待できるでしょう。

 

紫外線アレルギーによる症状や原因は様々です。
一度このアレルギーを発症してしまうと、なかなか治りにくい病気でもあります。

 

発症後は信頼できる医師の指示を仰ぎ、
できるだけ紫外線を浴びないように対策をとりましょう。
皮膚科でのアレルギー検査をすることが大切です。

スポンサーリンク