光線過敏症を予防する方法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「光線過敏症を予防する方法」についてお話します。

 

夏になると、強い紫外線による光線過敏症に悩む人が増えますよね。
別名日光アレルギーとも言われていますが、
太陽の光を浴びることで皮膚が赤くなったり、発疹ができたりします。

 

夏になり、紫外線を浴びる度に肌に異常が起こっていたら、
うんざりしてしまいますよね。
光線過敏症は、予防することはできるのでしょうか?

 

そこで、ここでは光線過敏症の原因と対策を紹介したいと思います。

 

光線過敏症の原因とは

 

光線過敏症の直接的な原因は紫外線です。
紫外線に対するアレルギー反応である、という事です。

 

紫外線を浴びても肌が小麦色に焼けたりシミができたりするだけで、
他には何の異常もおきない人のほうが圧倒的に多いですよね。

 

何故、紫外線によって光線過敏症が発症する人がいるのか、
そこが原因究明の鍵になります。

 

遺伝や体質なども大きく関係しているでしょうが、
紫外線を浴びすぎてしまったことも原因のひとつとして考えられています。

 

人の防御反応、免疫機能が過剰に
反応するようになってしまうことがあるのではないか、ということです。

 

また、「モーラステープ」という湿布薬が
光線過敏症の原因になる、とも言われています。
これは薬剤が原因の光線過敏症という事です。

スポンサーリンク

光線過敏症の対策

 

自分は光線過敏症かも知れないと思ったら、
迷わず皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

 

薬剤が原因で光線過敏症になった場合は、
素人判断で勝手に薬を使うと光線過敏症がひどくなる場合があるからです。

 

非ステロイド系の消炎鎮痛剤の使用によって光線過敏症になるという報告例もあります。
まずは光線過敏症の原因かもしれない薬の使用を中止することも大切です。

 

光線過敏症を予防する方法とは?

 

春から夏にかけては、紫外線量が最も多い季節になりますので、
野外での活動を行う場合は、とにかく紫外線を浴びないことが大切です。

 

また、海水浴など、直射日光があたるにもかかわらず
遮光が出来ないような活動は避けてください。
日焼け止めを使ったり、UVカット加工の施された日傘や帽子を着るなどしましょう。

 

また、徐々に紫外線に慣れていくことも予防には有効な方法とされています。
まずは午前中など、日差しのあまり強くない時間帯に
少しずつ紫外線を浴びるようにしましょう。

 

そして慣れてきたら、徐々に紫外線を浴びる量を増やしていけば、
光線過敏症の症状が出にくくなることもあります。

スポンサーリンク