光線過敏症にステロイド剤は大丈夫なの?

スポンサーリンク

ここでは、「光線過敏症にステロイド剤は大丈夫なのか」についてお話します。

 

光線過敏症というものをご存知ですか?
日光アレルギーとも呼ばれ、通常反応を示さない
微弱の紫外線で炎症を起こす病気です。

 

日光を浴びた皮膚が赤くなったり、湿疹や水ぶくれ、
かゆみや浮腫などを生じ、日常生活にも支障をきたす場合もあります。

 

万が一、光線過敏症を発症してしまった場合は、
いったいどのように対処すれば良いのでしょうか。

 

原因をつきとめる

 

まずは、原因となっているものの使用を中止してください。
さらに、紫外線の強い日中などに外出する場合は、注意してください。

 

日焼け止めやUVカット加工がされた衣服を着用するなどの
紫外線対策をしっかり行うことが大切です。
また、屋内にいるからといっても安心はできません。

 

ガラス越しにも、日光に当たれば紫外線に反応し、症状が出る場合があります。
日光に当たる部屋にいる場合や、車の運転をしているときにも
しっかり紫外線対策を行いましょう。

 

UVカット加工されたカーテンの使用や
フィルムを窓に貼るといったこともおすすめです。

 

モーラステープ使用の副作用と光線過敏症

 

モーラステープの副作用として報告されているのが、
紫外線の当たった箇所に湿疹やカブレなどができるという光線過敏症です。

 

この症状を防ぐためには、モーラステープを使用していた箇所を
UVカット加工の施された衣類やサポーターなどで隠す必要があります。
使用時に誰もが光線過敏症を引き起こすわけではありません。

スポンサーリンク

しがししばらく時間が経ってから発症してしまうこともあるのです。
忘れた頃に、モーラステープを貼っていたところだけが四角く残り、
かぶれて腫れ上がってしまうのです。

 

とても特徴のある症状ですから、医師にはすぐわかってもらえる症状でもあります。

 

光線過敏症にステロイド剤は大丈夫なの?

 

皮膚科では、光線過敏症と診断後に抗アレルギー薬を処方してくれます。
ジルテック錠、セレスタミン錠、アレロックなどの飲み薬は、
どれも即効性があり、蕁麻疹などにもよく効きます。

 

塗り薬では、リンデロンA軟膏などのステロイド剤や
肌にやさしい非ステロイド軟膏が処方されます。
ですから、医師の診断があれば、ステロイド剤を塗っても大丈夫です。

 

ただし、皮膚科で処方される薬を使用すれば皮膚症状は徐々に治まってはいきますが、
それはその場だけだと思っていてください。

 

なぜならば、光線過敏症そのものは、
一度発症したらもう治らないものだといわれているからです。

 

薬の使用はあくまでも症状を抑えるだけで、
根本的な光線過敏症の治療にはなっていないということなのです。

 

原因の物質の使用を中止し、あわせて紫外線対策を行うことで、
個人差はありますが、約2週間程で効果と改善が見られます。

 

一般的に普段何気に使用している、薬や化粧品、
食品の中には光線過敏症の原因になるものが含まれていることがあります。

 

使用する際には、使用上の注意書きをしっかり見てから利用するようにしましょう。
医師や薬剤師の説明をしっかり聞いたうえで使用することが1番の対処方法です。

スポンサーリンク