光線過敏症でお風呂の入り方とは?

スポンサーリンク

ここでは、「光線過敏症でお風呂の入り方」についてお話します。

 

紫外線でかゆみなどが出たときは
お風呂などにはいり、体が温まるとかゆみが増してしまったりします。

 

湿疹や腫れなどの時はお風呂はどうしたらよいのでしょう?

 

日本人はお風呂好きですね。
しかし、アレルギー症状の時は40度以上の温度は避けたほうがよいでしょう。
40度以上になると、皮脂が流れてしまい、乾燥肌になってしまうからです。

 

また、長時間のお風呂もよくありません。
体がふやけてしまい、傷がつきやすくなってしますためです。

 

体をタオルなどで拭いただけでも傷がついて、
さらなる痒みをもたらしてしまうこともあります。

 

特にアレルギー症状が出ている場合は長い時間の入浴も
乾燥しやすくなるので控えたほうがよいでしょう。
10〜15分が理想的と言えます。

 

体を洗う時はなにをつかいますか?

 

体を洗うものも、スポンジやタオル・ブラシ様々ですね。
また、石鹸かボディソープか、などもありますね。

 

体を洗う洗剤はどちらでもかまいませんが、
できるだけ弱酸性のものを選びましょう。

 

体を洗った後のタオルを洗った時に、
石鹸カスがたくさん出るものはアルカリ性のものです。

スポンサーリンク

アルカリ性の石鹸やボディーソープを使うと、
人の体は弱酸性なので、皮膚の上で固まってしまうのです。

 

垢のように出てくるカスは、その塊なのです。
その塊で体をこするのですから、アレルギーを悪化させることもあり得るのです。
低刺激の石鹸などの泡で、優しく洗うというのが大切ですね。

 

弱酸性と言って販売していても、
調べてみるとアルカリ性というもの多いので
しっかりと見極めて選びましょう。

 

痒みが増す場合は、温まると痒みがますので、
体温より少し低めのお湯をかけるだけでも軽減するでしょう。

 

シャワー浴はどうしたらよいでしょう?

 

シャワーの温度も少しぬるめで、勢いも抑えたほうが刺激を与えずに済むでしょう。
アレルギーの症状があるときは、湯船に入るよりも、シャワー浴がお勧めです。
あまり体を温めないほうが痒みが出にくくなります。

 

しかし、第一はアレルギーの症状を出さずに済むように
紫外線のケアをしっかりとすることが一番大切だということですね。

 

夏場は汗などでもさらに刺激がありますので、速乾性の衣料などもよいでしょう。
また、紫外線はポリエステルやレーヨンは通しにくいので、
そのような素材を選ぶのもよいでしょう。

スポンサーリンク