光線過敏症の治し方とは?

スポンサーリンク

ここでは、「光線過敏症の治し方」についてお話します。

 

だんだんと春の日差しが心地よくなってくる4月あたりからが特に、
紫外線が強くなる時期であり、最も注意が必要な時期になります。

 

紫外線アレルギーの方には、つらい季節となりますが、
紫外線アレルギーは「光線過敏症」の中に位置するものなのです。

 

光線過敏症と紫外線アレルギーの違いはどんなところでしょうか?

 

まず、紫外線アレルギーは、直接日光に当たることによって、皮膚に症状がでます。
また、日射病のような症状が出ることもあります。

 

光線過敏症と紫外線アレルギーの違いは、
光線過敏症とは「病気」ではありません。

 

多くの原因があり、その他の原因の病気が
光に当たることで誘発されたり、悪化したりするのです。

 

紫外線アレルギーは、光線過敏症によって引き起こされる「病気」だと言うことです。
つまり、光線過敏症を治せば、紫外線アレルギーも治せるということですね。

 

どうすれば光線過敏症を治せるでしょうか?

 

光線過敏症事体を治療することは難しいと言われます。
しかし、光線過敏症によって引き起こされる症状を緩和することはできます。

 

小児期
小児の疾患は先天性(遺伝性)

 

1:色素性乾皮症(常染色体劣性)

 

生まれて初めての外出で、わずかな時間でひどい日焼けをしてしまったなど、
この場合はすぐに皮膚科を受診して、
紫外線防御法の指導を受けることがのぞましくなります。

 

防御をせずに何度も日焼けをくりかえすとシミが生じ
10〜20代で露出部に皮膚癌を発症する危険性があります。

 

2:骨髄性プロトポルフィリン症

 

3−6歳ころから日に焼けるとヒリヒリとした灼熱感と
皮膚が赤く腫れあがることを繰り返す場合は受診し、血液検査を必要とします。

 

親や兄弟姉妹に同じ病気があることがあり、
こちらは血中に含まれるプロトポルフィリンの量が

 

多いために引き起こされる症状であり、
プロトポルフィリンが多いと肝障害を起こすことがあります。

 

しかし、ほとんどの場合はヒリヒリ感を感じたら屋内に入るなど、
また、帽子や手袋などで、日に当たらないようにすることで
症状を抑えることができますが、医師による適切な生活指導が必要とされます。

スポンサーリンク

青年期

 

3:多型日光疹

 

光線過敏症では、最も多い病気で日本人の4%がこの病気であると言われています。
皮膚内にアレルゲンができて、アレルギー反応を起こして、痒みなどを伴う、
湿疹反応だといわれていますが、まだ詳細はわかっていません。

 

ステロイドを塗れば早く治ります。日焼け止めが有効ですが、
耐性ができれば自然に出にくくなるようです。

 

4:日光蕁麻疹

 

花粉症のように、ある日突然症状が出ます。
原因は可視光線であるといわれていますが、
紫外線にも敏感になることもあるようです。

 

皮膚に対する日光の刺激に即時に反応するアレルギーと言えます。

 

日光を避けるようにすれば、症状は治まりますが、
朝・昼と抗ヒスタミン薬を服用して予防します。
最近は入院してUVAを当てる治療する方法が開発されています。

 

中年〜老年期

 

5:薬剤性光線過敏症

 

様々な内服薬や外用薬を使うことにより、
光線過敏症を引き起こしてしまうこともあります。
最近では、チアジド系の降圧利尿薬が配合された降圧剤による薬疹です。

 

飲み始めてから日焼けしやすくなった等と感じた場合は主治医に伝えて
薬の種類を別な系列に変えてもらうのがよいでしょう。

 

湿布薬などでも起きますので、張った場所に日光が当たらないように
十分配慮が必要となります。

 

光線過敏症は原因なども解明されていないために
根本的な治療はまだみつかっていません。

 

光線過敏症によって引き起こされる症状に対しては治療法は開発されてきています。
しかし、一日も早く光線過敏症の
体質を改善する方法が見つかることが望まれています。

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリーの記事を読んで
「紫外線アレルギーの光線過敏症関係」について、お勉強しましょうね!

スポンサーリンク

 

光線過敏症の治し方とは?記事一覧

ここでは、「光線過敏症にステロイド剤は大丈夫なのか」についてお話します。光線過敏症というものをご存知ですか?日光アレルギーとも呼ばれ、通常反応を示さない微弱の紫外線で炎症を起こす病気です。日光を浴びた皮膚が赤くなったり、湿疹や水ぶくれ、かゆみや浮腫などを生じ、日常生活にも支障をきたす場合もあります。万が一、光線過敏症を発症してしまった場合は、いったいどのように対処すれば良いのでしょうか。原因をつき...

ここでは、「光線過敏症と青汁の関係」についてお話します。光線過敏症というものを知っていますか?聞きなれない名前ですが、紫外線を浴びたことによって発生する皮膚炎のことを、光線過敏症といいます。日焼けとは少し違っていて、ある一定の物質が紫外線に反応することによって起こる症状です。光線過敏の症状が出やすい食べ物アレルゲンとなりえるものは、葉緑素であるクロロフィルを多く含むものだと言われています。具体的に...

ここでは、「光線過敏症と膠原病の関係」についてお話します。「膠原病」とは?膠原病は「多数の臓器が同時に障害され、どの臓器が病変の中心であるのかを特定する事が出来ない病気」の総称のことをこう呼びます。また「古典的な6つの膠原病」として以下の病名が明らかになっています。・全身性エリテマトーデス・リウマチ熱・強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎・結節性多発性動脈周囲炎「全身性エリテマトーデス」とは?これらの病気...

ここでは、「光線過敏症とケトプロフェンの関係」についてお話します。紫外線アレルギーなどを引き起こす原因として光線過敏症というものがあります。そして、さらに、光線過敏症を引き起こす原因としてケトプロフェンという成分があります。ケトプロフェンとはどんな成分でしょうか?非ステロイド抗炎症剤を含んだ外用剤で、痛みや腫れのある皮膚病の治療に使われます。皮膚から吸収され、筋肉、関節などにも作用するので、これら...

ここでは、「アレグラと光線過敏症の関係」についてお話します。光線過敏症もしくは日光過敏症、日光アレルギー、紫外線アレルギー、光線アレルギー、日光湿疹などをご存知ですか?日光や紫外線を浴びることによって身体になんらかの反応が出ることを表す様々な」呼び名です。多くのアレルギーがそうであるように、原因を特定することはなかなか難しく、薬を飲み続けることになります。光線過敏症の症状光線過敏症は、普通な方では...

ここでは、「光線過敏症でお風呂の入り方」についてお話します。紫外線でかゆみなどが出たときはお風呂などにはいり、体が温まるとかゆみが増してしまったりします。湿疹や腫れなどの時はお風呂はどうしたらよいのでしょう?日本人はお風呂好きですね。しかし、アレルギー症状の時は40度以上の温度は避けたほうがよいでしょう。40度以上になると、皮脂が流れてしまい、乾燥肌になってしまうからです。また、長時間のお風呂もよ...

ここでは、「光線過敏症の処置」についてお話します。光線過敏症という疾患をご存じの方も増えていますが、以前から、症状がある方は、気が付いていない方もおられます。光線過敏症は紫外線が強く感じる3月から7月がピークを迎えるのですが常にアトピーの症状がある方は特に「夏だから症状がひどい」とだけ思っている方もおられるようですが、その原因をしっかりと認識されていないと、悪化するばかりなのです。光線過敏症は皮膚...

ここでは、「ロキソニンテープの副作用で光線過敏症」についてお話します。みなさん、「光線過敏症」というものをご存知でしょうか?光線過敏症とは、一般の方が日光を浴びても何も感じないことでも、光線過敏症というアレルギーを持っている方の場合、そのアレルギー症状を引き起こしてしまうものなのです。このアレルギーは、紫外線アレルギーの症状と似ていますが、原因が少し違うのです。光線過敏症の原因紫外線アレルギーの場...

ここでは、「光線過敏症の跡が残った時の対処法」についてお話します。光線過敏症というものをを知っていますか?日光アレルギーとも呼ばれ、通常反応を起こさない微弱の紫外線で炎症を起こす病気です。日光を浴びた皮膚が赤くなったり、湿疹や水ぶくれ、かゆみなどを生じます。万が一、光線過敏症を発症してしまった場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか。原因をつきとめるまずは、原因となっているものの使用を中止して...

ここでは、「光線過敏症を予防する方法」についてお話します。夏になると、強い紫外線による光線過敏症に悩む人が増えますよね。別名日光アレルギーとも言われていますが、太陽の光を浴びることで皮膚が赤くなったり、発疹ができたりします。夏になり、紫外線を浴びる度に肌に異常が起こっていたら、うんざりしてしまいますよね。光線過敏症は、予防することはできるのでしょうか?そこで、ここでは光線過敏症の原因と対策を紹介し...