光線過敏症の跡が残った時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「光線過敏症の跡が残った時の対処法」についてお話します。

 

光線過敏症というものをを知っていますか?
日光アレルギーとも呼ばれ、通常反応を起こさない
微弱の紫外線で炎症を起こす病気です。

 

日光を浴びた皮膚が赤くなったり、湿疹や水ぶくれ、かゆみなどを生じます。
万が一、光線過敏症を発症してしまった場合は、
どのように対処すれば良いのでしょうか。

 

原因をつきとめる

 

まずは、原因となっているものの使用を中止してください。
さらに、紫外線の強い日中などに外出する場合は、注意してください。

 

日焼け止めやUVカット加工がされた衣服を着用するなどの
紫外線対策をしっかり行うことが大切です。
また、屋内にいるからといっても安心はできません。

 

ガラス越しにも、日光に当たれば紫外線に反応し、症状が出る場合があります。
日光に当たる部屋にいる場合や、
車の運転をしているときにもしっかり紫外線対策を行いましょう。

 

モーラステープによる副作用

 

光線過敏症は、ケトプロフェン含有の湿布を貼った後に、
紫外線に当たると発症することがあります。

 

一度光線過敏症を発症すると、貼るのを止めても
紫外線に当たる度に何度でも再発してしまいます。
少なくとも1ヵ月は薬の成分が皮膚には残っています。

スポンサーリンク

ですから、貼付部には直射日光はもちろん、
ごく微量の紫外線も当てないように手袋やサポーターで遮光しておく必要があります。

 

光線過敏症の跡が残った時の対処法

 

モーラステープによる光線過敏症であるならば、長い人で半年位跡が残る事があります。
簡単には治らないのです。

 

光線過敏症は紫外線に対するアレルギー反応ですから、
治療方法としてはステロイド配合のクリームや軟膏を使用します。

 

治療により軽快していきますが、
紫外線をブロックするために日焼け止めを塗るのは
悪化させてしまう可能性があり注意が必要です。

 

原因の物質の使用を中止し、あわせて紫外線対策を行うことで、
個人差はありますが、約2週間程で効果と改善が見られます。

 

一般的に普段何気に使用している、薬や化粧品、
食品の中には光線過敏症の原因になるものが含まれていることがあります。
使用する際には、使用上の注意書きをしっかり見てから利用するようにしましょう。

 

医師や薬剤師の説明をしっかり聞いたうえで
使用することが1番の対処法です。

スポンサーリンク