光線過敏症と青汁の関係とは?

スポンサーリンク

ここでは、「光線過敏症と青汁の関係」についてお話します。

 

光線過敏症というものを知っていますか?
聞きなれない名前ですが、紫外線を浴びたことによって発生する皮膚炎のことを、
光線過敏症といいます。

 

日焼けとは少し違っていて、
ある一定の物質が紫外線に反応することによって起こる症状です。

 

光線過敏の症状が出やすい食べ物

 

アレルゲンとなりえるものは、
葉緑素であるクロロフィルを多く含むものだと言われています。

 

具体的に葉緑素であるクロロフィルを多く含む食物としては、
ほうれん草、小松菜、野沢菜、高菜、クロレラ、抹茶、
アワビやサザエのワタなどがあげられます。

 

人によって症状の出方は様々ですが、
日焼け止め等でしっかりガードしていても微量の光で、
発疹や紫の痣の様な跡ができてしまいます。

 

また、数年前からの健康ブームで青汁が話題となっています。
葉緑素そのものという感じの青汁については避けた方が無難です。

 

最近の甘味処では、ほとんどのメニューに流行の
ミドリムシが入っていて、光線過敏症の人はお店に近寄るのも危険です。

 

青汁の副作用

 

青汁を飲んで健康になりたいと思っている人でも、
副作用はあるのだろうかと心配されている方も多いのではないでしょうか?

 

持病がある人や、かかりつけの病院から処方されている薬と
青汁に含まれる成分との飲み合わせが悪い人もいるでしょう。

スポンサーリンク

アレルギーを持っている人や妊娠中の人は、
原材料など使用しているものをよく確認して選ぶことや、
医師の相談が必要となってきます。

 

しかし、持病がないからといって、効果を期待しすぎて、
容量を守らず大量に飲むのはとても危険です。

 

一度に大量の青汁を飲んだからといって、
すぐに効き目がでて健康になれるというわけではありません。

 

それでは一度に大量に飲んでしまった場合、
いったいどんな副作用が起きるのでしょうか?

 

青汁と光線過敏症

 

青汁には葉緑素であるクロロフィルが多く含まれています。
これには抗がん作用や、コレステロール値を
下げたりといったことに効果のある成分です。

 

しかし、大量に摂取してしまうと
クロロフィルに含まれている成分が紫外線を増やしてしまいます。
そのため、光線過敏症になりやすくなってしまうのです。

 

健康の為に飲んでいる青汁が、
皮膚の障害や皮膚がんの原因になってしまうリスクを負うことになります。

 

また、青汁の大量摂取による副作用としては発疹がでる、
お腹が緩くなりすぎて下痢になるなどといった症状もあります。

 

何事もやりすぎはよくないということです。
青汁を飲む際にもきちんと用量用法を守りましょう。

 

また自分にあった量や青汁のタイプなど
よく調べてから飲むようにするといいでしょう。
まわりに光線過敏症の人がいたら、理解と協力をしてあげたいですね。

スポンサーリンク