光線過敏症の検査とは?

スポンサーリンク

ここでは、「光線過敏症の検査」についてお話します。

 

光線過敏症〜特に青年期に多い光線過敏症〜

 

光線過敏症は、いくつかに分類されます。
その中でももっとも発症してしまう方が多いのが、この「光線過敏症」なのです。
特に発症しやすいのが、青年期の女性に多く見られます。

 

大体7月から8月に紫外線対策を行い始める方が多いようですが、
それは大きな間違いなのです。
この光線過敏症は、3月から7月にピークを迎えて発症する方が多いのです。

 

日光が当たってしまった箇所(皮膚)に痒みを伴う発疹や
ボツボツとした湿疹が出てしまうのが主な症状ですが、
他にも、いろいろな症状を引き起こしてしまうのがとても厄介な病気の一つなのです。

 

青年期に多い光線過敏症の治療

 

この青年期に多い光線過敏症の症状は、軽症のことがほとんどですので、
主な治療は、発疹などの痒みを抑えることのできる
ステロイド剤の塗り薬を使用します。

スポンサーリンク

そのほかに対策として、顔の皮膚を紫外線から守るために帽子をかぶったり、
日焼け止めクリームなどを使用したり、体でしたら皮膚が紫外線に
さらされている部分を衣類などで隠したりなど...皮膚を紫外線から守る
対策を行うようにしましょう。

 

しかし、老化が進むたびに、この症状は治まってくることがほとんどですので、
過剰な対策を行う必要はありません。

 

光線過敏症〜特に中年期に多い光線過敏症〜

 

青年期よりも特に中年期の方に多い光線過敏症。
青年期の光線過敏症よりも重い症状であるのが特徴です。

 

症状としては、紫外線が当たってしまった箇所に紅い斑点のようなものができ、
発疹などが出てしまいます。
重症の場合ですと、一般的なものよりも軽いですが、
水疱瘡になってしまうこともシバシバです。

 

中年期に多い光線過敏症の検査など

 

はじめにアレルギーによるものなのかを判定するために
パッチテストという検査を行います。
パッチテストで陰性の場合や少し反応してしまった場合は、
特殊な紫外線に似た光線を背中やお腹に当てて、
光線過敏症による症状が出ましたら、それに伴った治療を行っていきます。

スポンサーリンク