光線過敏症は病院で何科なの?

スポンサーリンク

ここでは、「光線過敏症で病院は何科なのか?」についてお話します。

 

暑い夏の季節になると紫外線が気になりますよね。
でも実は暑い季節が訪れる前の春頃から紫外線は強くなってくるのです。
ですから春頃からしっかり紫外線対策を行わなくてはならないのです。
さて、ここでは紫外線による異常な皮膚症状についてお話していきます。

 

「光線過敏症」について

 

光線過敏症とは、普通の人では何の問題もない紫外線などの光線を
浴びることで異常な皮膚症状を引き起こしてしまうことを言います。
わかりやすい例をご紹介しましょう。

 

発熱や鼻水、咳などの症状は、風邪やウイルスによる
感染が主な原因になっているように、
光線過敏症も病気の一つではなく、多くの原因などからできているのです。

 

光線過敏症は、強い紫外線などを浴びることにより
発症することがほとんどですが、紫外線を浴びること以外に、
薬や別の原因によって発症してしまうこともあるのです。
また、年齢によっても発症してしまいやすい光線過敏症の種類もあります。

スポンサーリンク

中年から老年期に起こりやすい「薬剤性光線過敏症」について

 

中年から老年期になってきますと、
いろいろな病気にかかりやすくなってしまい、
その病気の治療に伴い、薬を服用するようになりますよね。

 

そういった薬を服用することにより、
光線過敏症を発症させてしまうこともあるのです。

 

薬の原材料などによっても原因は異なりますので、
新しいもの新しいものと、どんどん薬の開発も進められている
ことにより、原因を確かめるのは難しいのです。

 

最近、内服薬で光線過敏症を発症する方に多い成分が、
チアジド系の降圧剤です。

 

この薬を服用してから顔や首、
デコルテから腕などの紫外線が当たることによって、
妙にいつもより日焼けをしているなあと感じたら、
すぐにかかりつけの医師を尋ねるようにしましょう。

 

光線過敏症の症状が出てきたらどうすればいいの?

 

勝手な自己判断を行わず、専門の皮膚科や
整形外科などを受診するようにしましょう。
下手に市販の薬などで症状を抑えようとしてしまうと、
副作用を伴ってしまう場合もありますので、絶対にやめてください。

スポンサーリンク