光線過敏症の治療薬とは?

スポンサーリンク

ここでは、「光線過敏症の治療薬」についてお話します。

 

光線過敏症は突然なってしまう疾患です。

 

原因は花粉症の発症とよく似ており
光に当たりすぎて起きるのではないかということですが、
原因は解明されていません。

 

また、抗菌薬、降圧薬、血糖降下薬などの薬の作用でも起こります。
この場合は、ただの日焼けとは明らかに異なりますので、
日光過敏症が疑われる場合は、かかりつけ医や皮膚科の医師に相談しましょう。

 

光線過敏症と診断されたら

 

皮膚疾患が主になりますので塗り薬が主流となるでしょう。
赤くなる・赤いブツブツができる・腫れる・水膨れができる
この場合はステロイドの塗り薬を使うことがほとんどです。

 

あまりにひどい場合はステロイド系・抗ヒスタミン剤の服用もあります。

 

ステロイド薬の「副作用」

 

「ステロイド薬」と聞いて、「使いたくない」と思う方もいるでしょう。
ステロイド薬は「使い始めたらやめられない」「肌に蓄積する」「黒くなる」など、
聞いたことがある方も多いでしょう。

 

しかし、決して、ステロイド薬は怖い薬ではありません。

 

ステロイド薬は多様な効果があるために、効果が強く出ると、
それが「副作用」として症状が現れてしまいますが、

 

あくまでも大量のステロイド剤を飲み薬や点滴などの方法により、
長期間にわたって全身に投与した場合です。

 

治療につかうステロイド薬

 

皮膚に塗る「ステロイド外用剤」は局所的に作用させることです。
日常的に長期で使うことがなければ、全身はもちろん、
局所的にも副作用が現れることは、ほぼありません。

スポンサーリンク

正しいステロイド外用剤を使うことで、
短期間でしっかりと炎症を抑える効果が期待できるのです。

 

現在、副作用の問題などで、
ステロイド薬は厳しい審査を経て、販売に至っています。

 

どんな薬もですが、薬の説明書に書いてある
注意事項を守って正しく使用すれば、心配はありません。

 

ステロイド外用剤を上手に利用して、
短期間できっちり治療することをお勧めします。

 

ステロイド薬の使い方

 

皮膚に塗布する回数の目安は1日2〜3回くらいで、適量を患部に塗ります。
適量を乗せた指の腹を使って患部をさらっとなぞるように塗布します。

 

患部に掻き傷、もしくは濃を持っている場合は
ステロイド外用剤を薄くのばしたガーゼで患部を覆う方法が適していますが、
この場合は抗生物質を配合したもののみとなりますので、注意が必要です。

 

症状が徐々に軽くなってきたら、塗布回数を減らしていきます。
ステロイド薬は、強力な抗炎症作用をもっていますので、
通常であれば、数日から1週間程度で効果が現れます。

 

長期的に使わないことで、副作用が防げますが、
「長期間」とはどのくらいを指すのかというと、2週間です。

 

1週間使い続けて効果がないなどの場合は医師の診断をうけて、
相談するのがよいですね。

 

光線過敏症と付き合っていくためには、大切な薬になるので、
薬をしっかりと認識・理解することが必要です。

スポンサーリンク