光線過敏症になる食べ物とは?

スポンサーリンク

ここでは、「光線過敏症になる食べ物」についてお話します。

 

光線過敏症を知っていますか?
聞きなれない名前ですが、紫外線を浴びたことによって発生する皮膚炎のことを、
光線過敏症といいます。

 

日焼けとは少し違っていて、ある一定の物質が光に反応することで起こる症状です。

 

光線過敏症がおきる原因には、外因性のものと内因性のものがあります。
外因性の場合は、外から体内に取り込んだ薬や食べ物などが原因で起こる皮膚疾患です。
内因性は遺伝や代謝疾患・栄養障害、免疫異常などが原因です。

 

今回は、シミが出来る原因でもある、
光線過敏症による外因性の皮膚炎についてご説明いたします。

 

光毒性皮膚炎

 

特定の薬や食品などを食べたり飲んだりした時の経口摂取が原因のときもあります。
または、化粧品・香水・果汁などを皮膚に塗るなどしたときの接触で、
アレルゲンを体内に取り込んだとします。

 

その後に光線の類、主に紫外線を浴びると体内で化学変化を起こし、
それが抗原となり皮膚に炎症を起こします。
体内に入れた物質が光によって毒に変わるので、光毒性皮膚炎と呼ばれているのです。

スポンサーリンク

光線過敏の症状を重くする食べ物

 

アレルゲンとなりえるものは、
ソラレンを含む食物と葉緑素であるクロロフィルを含むものだと言われています。

 

具体的にはレモンやライム、キウイ、オレンジ、
ベルガモットにソラレンが多く含まれています。
野菜ではセロリ、人参、三つ葉、春菊、パセリ、レタス、イチジク、キュウリです。

 

その他カラシやソバ、ドクダミなどもあげられます。
葉緑素であるクロロフィルを多く含む食物としては、
ほうれん草、小松菜、野沢菜、高菜、クロレラ、抹茶、アワビやサザエのワタなど。

 

人によって症状の出方は様々ですが、
ソラレンを多く含むものを少しでも食すると一瞬で発症することもあります。

 

日焼け止め等でしっかりガードしていても微量の光で、
瞬時に発疹ができ、紫のアザのような跡ができてしまうのです。

 

また、数年前から抹茶スィーツがブームなので、
葉緑素そのものという感じの抹茶については避けるしかありません。

 

最近の甘味処では、ほとんどのメニューに流行のミドリムシが入っていて、
お店に近寄るのも危険といった感じです。
まわりに光線過敏症の人がいたら、理解と協力をしてあげましょう。

スポンサーリンク