紫外線アレルギーの検査と病院とは?

スポンサーリンク

ここでは、「紫外線アレルギーの検査と病院」についてお話します。

 

みなさんこのような経験をしたことありませんか?
今まで直接紫外線をたくさん浴びていても、湿疹が出たり、
痒みを伴う炎症を起こしたりなんて一切なかったのに...。

 

このように、いきなり紫外線によるアレルギーを
引き起こしてしまう方もいるんです。

 

さて、そのような場合に陥ってしまったとき、
どのような治療法があるのでしょうか?

 

まずはじめに、紫外線アレルギーになってしまう原因として、
大きな元となっているのは「紫外線」です。

 

アレルギーを発症してしまった場合は、できるだけ紫外線を
浴びないようにするのが最優先です。

 

他にも、現在服用している薬にアレルギーが反応して症状を
引き起こしてしまうこともありますので、
そういった場合は、別の薬を服用するようにしましょう。

 

症状が吐き気や頭痛を伴うものへと悪化してしまった場合は、
病院を受診するようにしましょう。
病院を受診する際、治療を行う前にアレルギー検査をするのですが、
その検査方法などを詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

紫外線アレルギー病院での検査方法とは?

 

紫外線アレルギーを発症してしまうと、なかなか完治しにくい
アレルギーですので、できるだけ紫外線を
浴びない対策を取るように心がけることが大切です。

 

さて、検査方法ですが、「光線過敏症検査」というものを行います。
この検査は、主に紫外線に含まれる「UVB」や「UVA」
という特別な光線を直接お肌に浴びせる方法をとります。

 

わかりやすく言いますと、直接紫外線を浴びさせてる状態を示します。
直接その光線を浴びせたあと、アレルギーによる反応が出ましたら、
次にパッチテストを行ったり、血液検査などを行います。
すべての検査で異常が見られた場合、それに伴った治療を行っていきます。

 

紫外線アレルギー〜病院での一般的な検査料金とは?〜

 

紫外線アレルギーだけに限らず、花粉症やいろいろなアレルギーがありますが、
それらは一つ一つ検査方法や検査にかかる費用は異なります。

 

紫外線アレルギーの検査方法は、先程も言いましたとおり、
パッチテストや血液検査、光線過敏症検査などを
行ったりしますので、花粉症検査より少しお高めの
約4000円から5000円ぐらいです。

スポンサーリンク